2016年07月21日

KinKi Kidsデビュー19周年、そして20周年Year突入


KinKi Kidsデビュー19周年、そして20周年Year突入おめでとうございますありがとうございます。



ここで本来ならば
きんきへ長年捧げてきためくるめく愛とか深い深い思い入れとか重く熱く語りたいとこなのですが
たくさんのツイートやいろんな方のBlog更新とか見てたらもう満腹に幸せになりまして。
もう私が言いたいことも全部全部言ってもらえてよかったなって嬉しいなって想って。




きんきへの想いが募りすぎてそこ通り越して


この良き日に
今、本当に頑張ってくれているきんききっず陣営に感謝を込めて












愛のムチを。








今こそ
公式サイト管理人さんへムチを。

記念日とか関係ねぇ。
むしろ記念日の初日だからこそ
ふんどしを締めなおしたろ。
と想った次第です。




きんきのイメージもこういった公式から広まるわけですからね。
愛を持ってスパルタでいきましょう。


手始めに
管理人の7/19更新DIARYを添削することからはじめましょう。
まずはこちらをお読みください。




(クリックするとリンク先に飛びます)



お読みいただけたでしょうか。
気になっている方も多いこのDIARY。
苦言を呈している方も多く見かけましたが
ここはひとつただ単になにがダメなのかだけではなく
ではどうしたらいいのか、これからどうすればいいのかというところまで一緒に考えてあげたい(過保護)





添削ポイントを抽出してみました。





・管理人側の時間事情は読み手には関係なく読み手の読む時間もそれぞれです。

・ビジネスメールではないのでお疲れ様ですは不要。

・どれくらいいますでしょうかといった答えのでない問いかけはしない

・余韻を持たせて問いかけとして成立させるのも手法のひとつです。

・でしょうか口調が多い

・ら抜き言葉に注意("感じられる"は1箇所対応できているがもう一箇所はできていないのはなぜ)

・個人的な感想としつつも自分なりの言葉で伝えようという努力は今回は前向きに評価する。

・"収録のカップリング曲が収録"といった近接の重なりに注意。

・伝えたいという情熱が伝わる部分は生かしましょう。

・お目にお耳にという表現は面白くもありますが他の誤用が多すぎる為用法を誤っていると誤解を招きかねないことから今回は削除。

・"させていただく"の用法を再確認すること

・共感できる呼びかけも親しみが沸き効果的です

・「でわ」だと?

・情報提供箇所にもスッキリとした読後感を。




これを踏まえて、
とはいえ添削しすぎては管理人さんの個性そのものも死んでしまいますので
多少不本意な箇所はありますが
管理人さんの個性や言い回し、熱量を出来る限り残した上で
添削した文章が以下となります。
お納めください。




「7月20日まで残り1日。」


嬉しいことにここ最近「薔薇と太陽」な日々を過ごしている管理人です。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

昨日7/18はフジテレビ「FNSうたの夏祭り〜海の日スペシャル〜」に出演いたしました。
ご覧いただけましたか?

これまで出演した番組をリアルタイムで全てご覧いただいている方もいらっしゃいますよね。
本当にありがとうございます。
反響も大きく、楽しんでいただけていること、嬉しく思います。



いよいよ明日、7/20にsingle「薔薇と太陽」がリリースとなります。
(中には少し早く、本日手にした方もいるのでは・・・)



明日を迎えるこの日までラジオでのオンエアやテレビ番組での披露、雑誌でのインタビューなど、
出来る範囲で少しでもと皆様にお届けして参りましたが完全版としてようやくお手元へ届けることが出来ました。



初回盤Aには
「薔薇と太陽」のMUSIC CLIP(type K、typeT versionも!)を収録。メイキング含めその全貌をご覧いただけます。

初回盤Bには
初回盤Bのみ収録のカップリング曲が1曲。
そしてベールに包まれ過ぎて気になってしまうと話題の特典DVD「牛とマタドール」

通常盤には
通常盤のみとなるカップリング曲が2曲収録されています。


あくまでも個人的な感想ですがそれぞれを一言でいいますと、初回盤Aは「とにかくカッコイイ!」
初回盤Bは「ギャップ!?」
通常盤は「さっすが!」ですかね(笑)



皆さまはどう感じられるのか・・・
すでにご覧いただいた方もこれから手にとってくださる方も、是非それぞれの感じ方で楽しんでください。



CDデビュー20周年Year突入第1弾となる今作「薔薇と太陽」は今のKinKi Kidsが聴ける、観られる、感じられる1枚となっています。
どうかたくさんの方に気に入って頂けますように。



長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。
では、失礼いたします。






・・・いかがでしょうか。



Lアルバムから約3年、おそらくこの管理人さんLアルTwitter管理人と同一人物。
その独特の言い回しを見ては
君、まだいたんだ・・・・元気で良かった。
と想ってはいました。

彼もまた20周年を構築するピースのひとつ。
約3年変わらない管理人さんの成長も見守っていきたい。(成長するかどうかはともかく)


管理人さん
これからもムチ振り回していきますので
よろしくお願いしま・・・・



え、もうちょっと女王様っぽく言って?




わかりました。



「おまえは、こうされるのが好きだね〜」
「ご褒美をあげようね」
「もっといい声で鳴きな」
「女王様とお呼びっ・・・・!!」


ビシッ



(なにかに目覚めそうです)
posted by . at 03:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする