2015年06月20日

【ドキっと】ミュージックフェア【こーちゃん】


うううううううたぁおうううううう

おぉぉぉぉおおおどろぉぉぉぉぉ

こんやはーーーみんなのぅ

らららみゅーーーじーーーっくふぇあああああ

かーーーーがやくぅよーーーろこびぃ

こんやはーーーゆめぇのぅ

らららみゅーーーじーーーっくふぇああああああああ





に、


こーちゃんが6年ぶりにソロでやってきました。

ミュージックフェアの歌って全力で歌うとこの歌ってこんなにも疲れるんですね(馬鹿)

なんだろう久しぶりに更新してこの出オチ感。



アキ男と今井美樹のやりとりに

ふいに名前呼ばれて足パタタッと向き直ってご挨拶するこーちゃん。

ほらもう聞こえない足音すら可愛い。

つらい。

愛らしい耳を惜しげもなくさらしてお茶の間のこーちゃんヲタが

次々と貧血で倒れていくさまが目に見えるようだ。(原因:鼻血)




トークでのお衣装を見てみるとジャケットの下部に赤い印が見て取れた。

その昔、性感帯にキスマークを残すというプレイが薄い本業界で流行ったが(流行ってはいない)

あぁ、それかな?と思ったが服のプリントだったようだ。





それかなじゃねぇよwwwというツッコミが遠くで聞こえるような気がするが気にしない。

問題はそれかなと思わせるポテンシャルを秘めているかどうかだと思うんだ。

違うかね・・・?(ゲンドウのごとく手を組みながら)




アキ男のトークをさすがですとぽやっとしててもすぐに返せる機転の良さを発揮。

股ぐらに手を置くのでバストショットではだっちゅーのスタイルに見えてしまうも寄せられる上半身よりも

その股ぐらの手つきこそがセクシー。

左右の女性にぶつからない程度に大きく開かずとも置けるその股ぐらにありがとう。




曲はINTERACTIONAL

なんといっても軸のブレなさと腰使いに眩暈がする。

タモステもお帽子だったができたら帽子無しで見せたいところ。

このダンスでふいに揺れる毛先や遅れ毛のセクシーをもっと世の中に堪能させたいんだ。




杏樹が綺麗な顔してしれっと放りこむ「ゲスの時は」というナチュラルさに笑いつつ

ロマンスがありあまるを披露するゲスの極み乙女と悲しくなる前にを披露するindigo la End

フロントマンを務める川谷さんからの質問。


科学好きとしてここでもまた直線の不思議を語るが

今日はその不思議を解決してくれた人への感情まで語ってくれた。

「ドキッとして!」の仕草とそのテンションに

「抱ける。」

って謎の言葉が私の口からこぼれた。





こんなふうにドキッとして!って言われたらほんと誰でも悩殺されて抱けちゃうって想ったどうしようって想った。

いろんな人にドキドキしていて時々心配だけどよく出すこの直線の話は解決されているのでそこに関しては少し安心。




他の不思議もいっぱい抱えているのだろうけれど彼にはきっとそれが常に必要なのだ。

これなんだろうって想う常に少年のままのビュアな気持ち。

彼の世界に不思議を投入できてその不思議を新たな謎を加味して抽象的に解決できる存在。

そんな存在がそばにいて刺激されてドキドキしっぱなし。





そんなドキドキを杏樹にまた見せてあげたい。

きんきをまたいつでもミュージックフェアに呼んでください。





あぁ、きっとそこには

ロマンスがただもれる。





posted by . at 22:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする