2013年12月30日

チャンネル変えんといてねの凶悪

 


不思議つよし発見見ましたか
いや、聞きましたか



やはり
あのひとことに狂わされたね。


「チャンネル変えんといてね」




これ。
これはどこまでが台本だったのか激しく気になる・・・!!



 

不思議発見をよく見ている訳ではないのでわからないけど
いつもあんなことナレーションで言っているのだろうか・・・・

「チャンネルはそのまま」とはよく聞くけれど
「チャンネル変えんといてね」は



ちょ・・おい待て
つよしすぎるほどにつよしだろ。






と、鼻血を抑えながらリモコン折る勢いだった。

変えるわけない
変えられない。



チャンネル変えられるこんなリモコンなんて今すぐに叩き割るよ・・・!!!


とすら。





正直悔しいがこのワンフレーズ。
たとえ台本だったとしてもあまりにハマりすぎなのである。





 

同義的扱いでこれを口説き文句と考えてみよう。
チャンネル=俺
と仮定してみよう。

俺だけを見てろ

俺以外見んといてね



同じようで違う用法と比較するとよくわかる。
どちらにキュンとくるかはそれぞれの好みだけれど
きんきファンは圧倒的に後者だと思うんですね。





俺に自信があるよな発言よりも
他にもこの世にはたくさんの魅力的なことがあるけれど
それを認めたうえで選ばせるこの巧みな感じ。



このナイーブかつネガティブ風味でありながら実は選ばせているようで
それでいて縛られる感覚を残す語尾・・・

変えないってわかってるけど変えないってことを選ばせることもできるよという余裕すら感じる。
選ばせているようで私はまったく選ぶ余地など持たせてもらえてはいなかったのだと。







腹立つ・・・・!!!





くそぅ・・・
まんまとこのたっぷりどうもとつよし感に翻弄されたあああああああああああ

関西弁を用いることでその柔かみも加えて


くっ・・・・
鼻血がとまら・・・・





憎い・・・そんなつよしが憎い・・・・
好き・・・




はぁ・・・・・。



落ちついて私。
明日から東京。
寝て。リピってないで寝て。


・・・あ、でも
こーちゃんになら
チャンネル変えたらあかんよー
って言わせたいな。




こーちゃんはやっぱりダメとかあかんとか
そういう
それは効果がないってことや
しようとしてもできないことやしてはいけないことを乗り越える感じの
気持ちがのっかる感じでちょっと叱られ風味で聞きたいね。

 



いやーん(*´∀`)カワイイ

.
 
 
 
 
 
 
 
 


posted by . at 04:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。