2013年03月18日

脱毛の悩みを発毛の喜びへ。




先日オリラジのネット番組を見ていて活動10周年を迎えるのを期に



「抜ける毛を心配するよりも新しい毛が生えてこないことが問題。
 ファンも同じでファンが離れていくことを心配するよりも新しいファンが増えないことが問題なんだ。」



という主張があり、とても感銘を受けました。

これはまさにきんききっずにも言える事実です。
私もその「毛」なのだと考えていました。


日々、シャンプーとコンディショナーで洗うだけでは
年を重ねればそれだけでは耐えられなくなるのが毛根なんです。
いつも通りに優しく髪を梳いていても髪は増えないんです。
確実に少しずつでも抜けていく。

きんききっずとしての活動は少なかったかもしれません。


それを認めてしまうことは私、毛にとっても

ハゲていくかもしれません

という宣告に等しい訳です。
毛根としてこれほどに寂しいことはありません。





(この辺りでもうすでに意味がわかりませんという方すみません)





続けます。





私、きんききっずの毛は
年に5回、毛根から揉みまくって栄養を注入されるスペシャルケアで艶を取り戻します。
それがコンサートです。



ほぼ宣伝活動もなかった前回のシングルリリースからすでに1年2ヶ月経ちました。
きんきにはもっと出来ることがいっぱいあるのに。
そう感じながらもはがれないようにどやと兄弟などで
ケアを続けキューティクルを折重ねては撫でています。


パーマかけてもいいよ。
アフロだっていいよ。
どんな色にしようか。
刈ってみる?
伸ばしてみる?

お金あるよ。
どんな美容室にもいけるよ?
並ぶ?
行けるなら何時間でも並ぶよ?




毛は毎日の優しいブラッシングだけでなく
そんな変化を待っています。


新しいことをやって「らしさ」を逸脱しては古参のファンが
離れていくのではないかという見てとれる動きがあること、否めないと思います。



しかし
ただ守りすぎても点は入らない。
新しいことをやってもftrらしさが逸脱して消えるとは思えない私です。
むしろもっと際立つと思っています。
いや、ほんとに。
ものすごく色濃く出ると思います。

遊んだってふざけたって真面目さや真摯な姿勢が出てしまうのがきんききっずです。
その無意識の意識を感じられない私達ではないのです。


新しいファンを獲得する為の発毛ケアは今を生きている毛根も強くするはずなんです。
発毛ケアは育毛ケア。
心配は無用です。


そんなヤワな毛根じゃありません。
そんな嬉しいことされたら毛根から2〜3本生えてきますよ。




むしろ聞きたい。



髪の毛だとでも?


考えてみてください。
髪の毛だけではないのです。
身体には抜けても抜けても生えてくるいろんな毛があります。


我々は髪の毛であり、
華やかな表情を作る眉毛かもしれません。
唇を待って目を伏せる睫かもしれません。
ftrが上京しながら新幹線で抜いて遊んでた鼻毛かもしれません。




指毛かもしれません。
わき毛かもしれません。


大事な部分を守っているシモの毛だっていいんです。
貴方達の最後の大事な所は絶対に守ってみせますよ。




そんなツルッパゲになってもふさふさしてる部分だと思ってくれてもかまわないとすら思っています。
もうどこの毛だっていい。




何度だって生えてみせますし
ここはふさふさなのかよという毛でむしろ本望です。





・・・・。






そこまで自分を貶めなくてもいいですか。
でもそのくらいの心意気なんですが
やはりここは本来の意図する髪の毛で。





脱毛の悩みを発毛の喜びへ!
日頃から規則正しい生活を心掛けることが抜け毛の予防方法の一つではありますが、
まずはしっかりとご自身の頭皮の状態を把握すること、
正しい施術方法を認識することが育毛にはたいへん重要です。

と某発毛専門企業も言っています。



毛根は大切に。
かならず生えます。抜けません。抜かせません。





もう意味がわからなくなってきましたが
要約するときんきが見たいってことです。




遠回りすぎますか。
そうですね。






.

posted by . at 03:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする