2012年10月29日

僕の背中にはむくのはねがある。




良かったですね。
むくのはね。




きんきをイメージして書いたという曲は誰が書いてもどうしてこんなにも
この胸の果てまで蒼い切なさが貫くのか。





 


形にしますと言ってくれたこと、信じてる。
きっと叶いますように。



 

今、ふたりの背中にこの羽根が生えたのだから
あとは飛ぶしかないよね。
どんな夢も叶う気がする




いつかきんきで幸せに触らせてね。





.

posted by . at 02:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする