2011年07月23日

CDデビュー14周年記念22〜24枚目






CDデビュー14周年記念22〜24枚目

  




 

―――SNOW! SNOW! SNOW!

作詞:秋元康 作曲:伊秩弘将
ここで新たな大御所を迎えてシングルに。
ジャケ写、最高に可愛かった。近い近い。



「!」が3つついている割にはがっつりバラードの妙。
これがまたきんきでなければといえる難しい楽曲。
歌唱能力と共に声量も幅も求められる。
コンサート後半では光一が身体を追って歌いあげる姿にぐっとくる。


通称「すのすの」
通常盤には39にて3位となる人気曲となる雪白の月が収録されており、
タイトルナンバーと共にとても重厚な1枚となっている。






―――夏模様


林田健司楽曲。それはそれとして。
ソロ活動激化、7ヵ月待って出たこの夏模様、
振りかえって思い出したのですが発売当時、私はこの曲を


「このタイミングでは毒にも薬にもならない曲」


と言ったらしいw
しかしその印象はいまだ変わっていない。(否定ではなく受け止めた印象でありあくまでも私だけの感想で)

どのユニットにもそういうのあるしね。
あぁ、今それなんだ・・・・?的なw


歌割りについて人によって受け止め方が賛否両論あったようですが
私自身はそこにはまっっっったくなんのひっかかりもありませんでした。


ftrファンなのでftrが決めたことならなんにも。
そもそも自分が納得しないことはやらない男に惚れてるんで。





その上で
この曲の存在感って自分の中でネタ・・・もとい、ちょっと面白いことになっていて


「いやいや、そんな夏模様じゃあるまいし」とか
「あー・・・はいはいw夏模様的なw」とか
「え、なにその夏模様ww」とか




そんな感じで
事あるごとに会話のオチに登場する夏模様です。




 

―――Harmony of December

・・・・字を見るだけでももうすでにニヤニヤしている始末。
もう何の説明もいらないわ。


ただのノリだったなんてそんなわけない
「君がいるならただそれだけで」
掴んで押し離すその手のひらに込めた切なさ


すべての答えはΦコンに。
ただでさえラヴい曲を更に高めた。



通称「ハモデ」
図書委員一部で囁かれているまたの名を「事後」

これもまた
39人気投票にてハモデは15位でしたが今、人気投票したら確実に上位に食い込んでくるはずです。
こうしてftrの思いがけない力が働いてまた違う価値が授けられるのも
楽しさのひとつです。





.



posted by . at 02:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。