2011年07月21日

CDデビュー14周年記念16〜18枚目/鏡の中の六月



CDデビュー14周年記念16〜18枚目/鏡の中の六月

1年に3枚出たまさかの2003年

そのまさかをもっとまさかにしたのが
4部作で制作されたPV鏡の中の六月。


6月12日金曜日 恋人の日。
時を超えてその物語は始まった。


 
   



―――永遠のBLOODS

どんちゃんの作る疾走感はきんきと相性が良いと感じられるこの一曲。
コカコーラCM曲でもありました。


そして4部作PV1作目。
サンリオ的ゴロピカドン、もしくはドリフ的カミナリ様頭の「未来」つよし。


相対する「過去」光一。
それはそれはイイ昭和っぷりの白シャツの可憐さ。
サラ髪の美人っぷり。
ブレスを輝かせる華奢な手首。

こーいち・・・・



・・・・・イイ。



通称「BLOODS」
コンサートでは3手拍子+手を上へあげるお決まりの振りが中盤に入ります。
サビでライトを曲に合わせて普通に振る。基本スタイルのみの一曲。

コカコーラCMは嵐やヒガシも参加、光一缶も発売され、
いろんな展開を見せた作品でした。
CMの店にいつか剛がきてくれることを願ったまま終了となりました。





―――心に夢を君には愛を/ギラ☆ギラ
両A面シングル。だったのね(認識不足)
まさかの2ヵ月ほどでのリリース。

ハートを描く振り付けがキンキらしくなくて可愛らしい。
初めて見た時に

見て見てーー!ハート描いちゃってるよー(ノ∀≦)ノ

とテレた記憶。

コンサートではここだけは一緒に描くことで自分もテレることうけあい。


PVは2作目
舞台を未来へと移し

過去光一の写真をおかずにカップヌードルをすするつよさんに全米が泣いた。


(違っているようだがだいたい合ってる)


物語はVシネ展開。
立ち入り禁止の波止場の第3倉庫な場所に拉致監禁される光一を剛が助けて
海へとドライブデート。
そんな2作目です(だいたい合ってる)


余談ですが
光一はHeyPVに続き、金を持ち逃げするの2度目。捨てるのも2度目。






―――薄荷キャンディー
ドラマ『元カレ』主題歌
前曲から2ヵ月を待たずのリリース。
本当にいろんなまさかが詰まった年だった。


通称「薄荷」
作詞に松本隆を迎えてきんきの魅力を引き出せるだけ引き出した渾身のバラード。
ここにきて光一の声の伸び半端なく、凄まじく。
歌う度に寄り添う。
どんどん溶け合う。
コンサートで聴き入るファンのうっとりとした表情がなによりの証。
 

事務所運動会では他ユニットがアップテンポで盛り上げる中、この曲でドーム内の空気を一変させた事、忘れられない。


 
この曲はキンキの真骨頂。
どの曲も愛しているけれど
キンキにしか歌えない、ファンにとっても自信作。


C/Wはふたつの引力。
UCカードCM曲。
このタイトルもまた「らしさ」満開。
前作よりはここで両A面にした方が合ってたんじゃないか。


そーーーしーーーてーーー
ここの通常盤仕様の収録曲が

「I」・・・・!!!!

裏声の色っぽさと歌詞の甘さに剛コーラスが溶けて・・・萌え悶え狂った。
この1枚、CDが擦り切れるんじゃないかというほどに聴いた


 

PVは3作目。
剛は再び過去へ。そして光一は未来の自分に出会う。


4部最終回はボニバタにて制作された。
一夜を過ごして翌日、惹かれあう2人のせつない別れが描かれた。(だいたい合ってる)







.



posted by . at 10:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。