2011年07月21日

CDデビュー14周年記念7~9枚目




7~9枚目




  


―――フラワー


硝子に次ぐ売り上げを誇る1枚。キンキの代表曲のひとつ。
ジェロマに続く、2年連続のANA「'99パラダイス沖縄」キャンペーンソング。

余談だが私はまんまとこのキャンペーンにのせられ沖縄へ行った。
機内PVを最後の退出者となるまで見続け、ポスター、たて看板、KinKiで溢れかえる空港に
「もう私ここでいい」と言って同行者に捨てられかけた過去を持つ。



前曲とはうってかわって笑顔が眩しい楽曲。ノースリーブだと高まる(私が)
コンサートでは手を左右に横揺れが基本。

PVでも歌披露でもこーちゃんがやたらかわいかった。(いつもです)





―――雨のMelody/to Heart



両A面シングル
通称「雨メロ」「東鳩」

前作の明るさとはまたうってかわって声に色香とノスタルジーをのせたダンスナンバー。
キレと柔軟性が求められるダンスでもありこれもまたバックにつくなら覚悟してついてきてもらいたい一曲。

2時間サスペンスで追いつめられたような断崖絶壁でのPVも見どころ。
こーちゃんのインナーのアメリカ国旗の妙は目をつむる方向で。
誰だドロンパとかいうのは。




また雨メロの聴きどころは転調にもある。
その転調のタイミングを事あるごとに使われることも多く「あーめーはー」の瞬間にトラブルに見舞われてネタにすることも。
しかし結局はきっちり合わせられるのはさすがキンキキッズである。
   

そしてこの時期、時枝ユウジのかっこよさに倒れる人続出。
愛はパワーだよ☆という名台詞は今でもファンの間で使われることも多い。
この頃のつよしは痩せていてぶ厚い恭子りんの肩を抱き締めることが出来るのかと一部で心配された。






―――好きになってく 愛してく/KinKiのやる気まんまんソング


両A面シングル。ここまではシングルが縦長の8cm。
「好きになってく〜」は剛作詞、光一作曲としてリリースに至った初の合作曲である。



やる気まんまんはその歌詞からもはじけたキンキを見ることができる為、
また観客もタイミングを覚えてしまえば一緒にはじけられる事から
コンサートで喜ばれる曲のひとつとなっている。



ヤるきまんまんだーっしゅ!!

と拳を突き上げる快感は筆舌に尽くしがたい。



同時に笑顔で1列に並びダンスダンスする流れは全ての人が笑顔になれる力を持っている。




.

posted by . at 02:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする