2010年05月30日

男らしい生き方




 

姉に頼まれて嵐シングルコレクション的なCDを作成してあげました。



ママ友とかのドライブ用に流したいそうで
「昔のはいらない最近のがいい」というので
ここ2年くらいでいいの?
と訊いたらそれで十分というので2008年から最新のMonsterまでのシングル(両A面含む)と
両A面になっていなくてもタイアップで耳に記憶があるだろうカップリングを入れて仕上げました。




そして出来たよと渡した時のこと。


姉「一番新しいのも入ってる?怪物くんの。」
私「入ってるよ。」
姉「ひゃーくねーんさーきもーも入ってる?」
私「そのくらいから入ってる。2008年から入れといた。」
姉「わーい。嵐ならみんな好きだしねー」
といってバッグに入れながらふいに姉は歌った。

姉「あれも好きだったんだよねーひとーつだけのはぴねーすー・・・・」


 

私「・・・待て。それは入ってない。」



姉「えーーーー・・・・」(ブーイング)


だってーーー
ハピネスは2007年だもんんんんん。





そんなに昔だったっけ。
という感覚があるようだ。
去年10周年だったし紅白とかでも歌ったから3年前という感覚ではなかったようだ。






そして今更あらためて気づいたのだが
嵐で2008年からタイアップ含めたA面認定のシングルを集めると15曲以上になるのに

KinKiKidsは3曲であるという事実が少し笑えた(そして少し泣いた)






 

嵐曲は
ここ数年次から次へとめまぐるしくてすごい良い曲も
次に追われて自分の中にちゃんと残っていかないことが多くてもったいなさや寂しさを感じることがある。






かたやKinKi曲。
次が出ない為、それでも最新となる曲を聞きすぎて聞きすぎて聞きすぎて
AメロとBメロの歌詞がゲシュタルト崩壊してしまったり口ずさむ前にもう映像で完璧に浸透していたり

ここにきて


12年前のジェットコースターロマンスが

Bメロのすみずみまで完璧・・・!!




という事態。




 


どっちもどっちか。
KinKi事情はちょっと笑えるのが切なさ倍増。




 


こんな事態、ハムレットなら悩むんだろうな。
どちらが男らしい生き方か・・・・・・。
このままじっと我慢し忍耐の日々に耐えるのと・・・・・




 

そう考えると
そうとう男らしい生き方してるよね・・・





 


情愛の雫を一滴も余さずに呑めるまったりとしたリリース間隔を制して
男らしくいつでも待ってます。






 

(そういう意味で一番男らしい生き方してるのは滝翼ファンだと思います)


 



posted by . at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。