2010年05月29日

Shock出演者変更




あえて言う。





ごめん。
わがままかもしれんが
この人はこう思ったんだなという意識で受け止めてくれるとありがたい。






わかってるよ。
光一はその場に応じて対応していくだろう。
努力するだろう。
でもその分負担も増えるだろう。
それでもShow must go on





 

わかってるよ。




 

いつだって全力の人だから。
でも。


みんなみんな
光一のその魂にのっとって
理解しようと
受け止めようとしてる。





わかってる。
健気なファンの気持ちだ。
光一を大切に思うからこその。

でも
それでも

みんな
「でも」
という気持ちを抱えてどこかやるせない気持ちでいるんだろう?






ごめん。
だからこそやっぱりその「でも」を隠せない。
隠さないことにした。
やっぱり言わずにいられない。





受け止めるには時間がかかるよ。
始まったら結果オーライになるのはわかってるけど
それでも。





わかってるんです。
決まったことは仕方ない。





今から言うことは
これはひとりのファンのひとつのわがままです。

私はそうは思いませんよ
それはワガママですよ
と思う人いると思います。


Shockは進化する舞台ですよと








それでも。
ごめん。


わかってるけど
やっぱり
切ないんだよ。
わがままでもひとりよがりと言われても




はじまるまでの
今の気持ちを記していてもいいじゃないか。










.








やだ。





すっごい、やだ。






 

ヤラっちがいい。




内きゅんがどうこうじゃなくて。
ただただあの完成度を前にしたらもう屋良っち以外に
誰のでもなく
何のでもなく
Endlessとしてならばどんな比較ももう生まれて欲しくなかった。






いっそまったく違う新Shockならまだしも
Endlessならば。





相手役で変わる事で光一にだって青アザ増えるかもしれない。
アザなんて怪我のうちに入らないというけど。
少し心配になる。








  
屋良っちになって、Endlessは確実な高みに登ったと思う。





 

屋良っちに
今年の100回を一緒に走り抜けて欲しかった。
MAとしても3人は最後まで3人で光一と一緒にいてほしかった。





 

屋良っちの「ヤラ」が大好きだ。
あんなに踊れる人いない。
光一とダンスの質も違って
ライバルとしての対比もとても綺麗なのに。




 

同じ系統が来たらライバルでなくただ後を追う位置になってしまう。
翼や斗真ら、今までのライバルと確実に違うモノを見せつけた
屋良っちだから光一の輝きも増したんだと思ってる。



 

絶対的な殺陣の完成度も光一と作り上げてきたからこそじゃないか。


相手役が誰だからということでなくて
100回でもっともっと屋良っちと高められる領域もあったと思う。









 

それを思うと
なんかすごく悔しい。





 

100回やるって
100回駆け抜けるって途中で誰も欠けることなく変わることなく到達するんだと思ってた。






Endlessにもう屋良っちが戻ってこないなんてことないよね。
お願いだよ。
いつか必ず返して。
屋良っちは
MAはShockに絶対必要。



私、また屋良っちでもっと高められるShockが見たい。
見たいよ。
屋良っちが居続けてくれることで見えてくる可能性だってもっとある。もっともっとある。






KinKiとしての活動も減ってしまっても納得できると思える為
100回にした意味はそこにあるんだと思ってた。
100回駆け抜けることで光一の中に残るすごくすごく大きなモノが
きっともっと私達を引っ張ってくれると信じてるから。





 

だからね
だからそこに屋良っちにいて欲しかったんだ。








 

胸が痛い。




 

.


posted by . at 22:33| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。