2010年05月24日

どうしてくれよう。










その口唇・・・!!!



その指使い・・・!!


その艶・・・・・!!!!




その色香・・・!!!




しっとりしやがって。
なのにキャハキャハしやがって。
しっぽりと清楚。



なにかしら
この醸し出す「人のモノ」感。
なにかしらこの背徳感。





いろいろゲストとかトーク内容にも触れたいけど今日はちょっと無理。
絶対無理。







ええ

えぇ・・・

普通、薔薇はなかなか贈りませんよ!!!


贈られるにふさわしい人だけが貰っていいもんなんだよな薔薇ってのは!!!!




私が万が一これからの人生で薔薇なんてもらうことがあったらそっと辞退することにするよ。
いや、嬉しいけどさ。もらうけどさ。辞退まではしないけどさ。
贈られるにふさわしいってこたないけどもさ。
花というか薔薇がね。
もし薔薇もらったとしてもこう・・・・感覚的にね
それは花を見る為のプレゼントとしての嬉しさであって薔薇となるとどうも恐縮するっつーかね
そういう意味でね。


なんかもうここまでくると
あれを見ちゃったから
薔薇ってもうめっそうもないアイテムに変わっちゃってんだよな



わかったよ
わかってた。
うん。



30本の年の数だけの薔薇を贈りたくなる衝動、わかるよ。



ふさわしいよ
こーたん
贈りたくなるよこのビジュアル。
だって似合うもの。





むしろ 頑張れ薔薇。





お前、負けてんぞと。

薔薇で光一が引き立つんじゃねんだよ
あれは薔薇がいっそう綺麗に見える効果だよ
むしろ薔薇の販促に一役かってやったんだよ。
剛様の手によってな。





それを直接渡して自慢して抱きしめて
耳元でお誕生日おめでとう囁くのが許されるのは
この世にひとりなんだよな。




誕生日に年の数だけ薔薇とかそんなキザなこと普通は出来ないところを
それをやれるだけのビジュアルを相方に持った剛は
そんなもん超越した魂を持っていらっしゃるのだよ。
君は薔薇より美しいとか君の瞳に乾杯とか
カサブランカのハンフリーボガードすら裸足で逃げ出すくらいのことやってのけるよ
むしろキザらせろや!ぐらいの無敵のビジュアルに世界中がひれ伏すよ。







泣けてきた。
っつか泣いた。
いつもかわいい光一に癒されているけど
ここまで可愛いと真逆の効果。






可愛すぎて癒されない。






全っ然、癒されねーわ・・・・
興奮のるつぼで全然癒されねえ・・・・
可愛すぎて癒されないなんてことが成立するからこのコ困る。



胸が苦しい。
眠れない。
ニヤニヤしすぎて頬が筋肉痛。




ちっきしょ
本当に可愛いわ。



首かしげるとまた前髪が目にかかってそこから覗かれるともうどうみても誘っ(規制)




いや、正直に生きよう
規制はするまい。
私は私の魂の叫びに従う。
この髪は来週まで引き続き

誘い髪

と呼ばせてもらう。







鎖骨出して
重めの前髪右から流して前髪から覗く黒目がたまらない。




剛のいる右から流すってのがまた腹立つ。

剛サイドからの視点が最高の角度ってのが反則。








このビジュアル。


もっともっとこの魅力をお伝えする言葉があるだろうに
自分のボキャブラリーの無さが悔しいっ・・・
うっうっ・・・








.





しゃべったらこうしてキャハキャハしてるが楽屋とかで気ぃ抜いてぽよよんとしてたら
これは本当に反則のスタイルだと思うの。



見上げられたらたまらないと思うの。
辛抱できないと思うの。



なんていったらいいんだろう





この、手ぇ伸ばしたくなる感じをどうお伝えしたらいいのだろう。




この髪、ふいに流してるラインに沿って軽く梳いてあげたくなるような
そのまま耳から輪郭にそって指を下して
首から喉仏へと這わせたくなるような






この髪なら






絶対キスは瞼からだと思うの。








.


posted by . at 01:31| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。