2010年03月27日

キンスマ。





「キンスマ SMAPもTOKIOも嵐も…少年隊も…きっとジャニーズ全員が涙する…近藤真彦波瀾万丈」





そんなサブタイトルで
新聞ラテ欄の名前入れてもらえなかったキンキなのに
この番組を抑えたジャニーズファンで一番ファンを喜ばせたに違いないツーショットでした。







他ユニットのひとりファンだと当たり外れもあったかもしれないがどちらのファンも楽しめて
なにより二人ファンが楽しくてたまらなかった。





二人世界がひどすぎて楽しすぎた。
これぞキンキ。




 

剛がカメラ目線をくれたのはたった2回ですよ・・・
どうだこの仲良しっぷり。
光一はしゃべる為にチラチラとカメラを見るが身体の正面は剛なのでチラ見になってしまうという
ftrファン爆笑展開。






 

挨拶して左腕を椅子に預け、どっしり身体を光一へ左向け左。
そして光一も右向け右。
ベレー剛で愛らしい風貌なのに初めて聞く話のように聞いてやるから話せやという風情のどっしり感。
このギャップが剛の魅力。




 

そして光一は
剛を覗き込む形になっていくのでどんどん前のめりな感じになり
つよし♪つよし♪の横顔でもう光一の右耳を見ることはなかった





 

マッチとは何度か夜を過ごしたことがという聞き捨てならない言い回しで刺激する光一に

数えきれないほどの夜を過ごしてる剛は
「ミッドナイトシャッフルじゃないですか」という余裕で光一を笑わせる。





 

抱きしめた夢の重たさに
その腕が 少し疲れても
大丈夫 この俺が
支えてて あげるから
迷わずに その夢を信じてろ

                     (ミッドナイトシャッフル@近藤真彦)






 

呼び出してマッチが来ることよりも堂本光一がそのメンツならば外ごはんという凄さがこの
話の肝なのだが伝わらないのは残念だ。






そして話はこの夜の核心へ。
松岡の悪戯に近藤マッチはグラスを飛ばす。




 

起承転結の「転」としてちゃんと盛り上げる形で話を組みたてる光一の賢さと
剛聞いて聞いてのまっすぐなデレ感と
そこに「その場にいなくて本当に良かったです」と煽る剛の援護力。




―――見たかこのコンビ力。




 

結局、最後にはさりげなく歌いだしたマッチの優しさに収まって
笑いあう二人がそこに残されて
私達に届けられた幸せな時間でした。




すごく二人に飢えてたからすごく癒されたね。
潤ったね。
ありがとうキンスマ。
番組構成以前に一番褒めたかったのは再現の松岡でした。さりげなく似すぎ。







.



posted by . at 22:28| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。