2009年12月20日

最後の挨拶




何度も何度も思い出しては幸せ過ぎて泣けてくる


光一が最後の挨拶であんな愛を語り届けてくれると想わなかった



最後の挨拶はファンも嬉しかったけど剛さんがまず嬉しかったんじゃないかと思う。


剛も言ったようにと
前置く形を取る光一のテレも光一らしく愛らしく

いままでだって
剛が言ったようにと
云ったことはあったけど
でもそれでも
愛を届けられたらなんてあんなところまでの言葉は聞けなかったもん。

光ちゃんそんなこと絶対言わなかったのに言った。



―――もうここで涙腺決壊。







剛が隣で言い続けたから
言ってみようか言えるかなと思えたんだと思うし

あのかたくなな光一の胸の奥の扉を
剛さんがまた開けた。
と思った



何度も何度もノックして返事はするけど
恥ずかしくて顔を出せないまま閉じられてた扉。


ちゃんと居ますよ思ってますよとわかっているから大丈夫だけど


そこを今ここで開いた光ちゃんがそこにいて
剛の隣にいて
想いが届いて
それを感じられた。





そんな幸せがありました。



光一の相方が剛で本当に幸せ。



剛ありがとう。
大好き。





.
posted by . at 02:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする