2009年09月27日

9/19嵐コン福岡




9/19嵐コン福岡に行ってきました。
こんな感じだったんだなと思い返す為に書き残しておきたいだけのものなのでたたみます。






   





嵐コンin福岡

 

多分、公演中の
半分の時間泣いてた。



 
だって10周年なんだ。
そこにまんまとハマって泣けた。



  
席はスタンドだったんですがバクステが目の前のほぼ正面、
山車に乗って回転寿司のようにきてくれるし
双眼鏡なんてほとんどいらなかった。
そして親子席のすぐ上だったので
嵐メンが子供に笑顔振り撒きにきてくれるおこぼれをいただける最高の席でした。



以下、
こんな曲がありました&心象風景。
(たぶん漏れてるからセットリストとは呼べない)




感謝カンゲキ雨嵐 
吊るされての登場。

もうひたすら翔ちゃん頑張れと祈る


Lucky man
風の向こうへ
We can make it!
Crezy Moon-キミ・ハ・ムテキ-

正面で見れて嬉しかった。このダンスすごい好き!



PIKA☆NCHI(相葉さんソロ)

衣装がツボった。
王子系ジャケのような肩飾りなのに下半身ハーフパンツ。
世の中的には間違ってるけど相葉的にはどんぴしゃ。
ポップアップで登場。
相葉さんのなんでもアリ感が好き。
それとサービス精神にいつも感服。
コン見ると相葉の好感度はいつもうなぎのぼりだ。
その気持ち、家に帰ると忘れがち。




HORIZON
DANGAN-LINER
アレルギー
ココロチラリ

懐かし曲満載。
タイトルだけだとどんな歌だったっけなんて
一瞬とまどうくらい初期アルバムじゃねーかという選曲。
聴けば身体にちゃんと染み出る。

思えばもうこの辺から涙腺は緩み始めていたのでは。



CARNIVAL NIGHT part2

一番盛り上がるよなーこれ。好きー。




言葉より大切なもの(二宮さんソロ)

Everything
瞳の中のGalaxy
「南くんの恋人」の主題歌だったので当然二宮さんソロで始まるこの曲。
ニノってばここ、うっかりをやらかしたよ。


アオゾラペダル
台風ジェネレーション

曇りのち、快晴(大野さんソロ)

大ちゃんやたら可愛かった。
ここで「手たたけー!」と客を煽ろうとしたが語尾がナマってしまい、裏でメンバーの笑いを取っていたとのこと。


a Day in Our Life
ハダシの未来

踊りながらコーラCMの光一フラッシュバック。仕方ない、それは本能。


Oh Yeah!

Oh Yeah は揃っていて綺麗だったと松本さんからお褒めの言葉を頂きました。


Step and Go

オープニングのはじける5人が大好きなのでここはしっかり見たくて双眼鏡使った。


Beautifuldays

★MC★

ここでやっとMC。
始まって3曲でMCのキンキコンに慣れてるとここまでが長い長い。
MC時間20分程度か。告知タイム含めてもなんと短い。
・・・ん?
いや、短いんじゃなくてあっちが長すぎるのか。



とまどいながら(翔ちゃんソロ)



アイドルにフードは反則!!!!


はぁはぁはぁ・・・・
1度云ったらちょっとスッキリ。

福岡ではこの曲前のMCで翔ちゃんは上から出ますとメンバーに遊ばれてしまい、
律儀に飛ぶフリをしながら出てきた翔ちゃんでした。
・・・かわいい・・・・・

ダンスも可愛かったけど
声がやたら可愛かった・・・・

WISH(松本ソロ)
サスペンダー松本。ジャニーズ広しといえどその手つき、目つきは君だけの専売特許。


Attack it! (アルバム隠しトラック)

これ、定番にして欲しい。
これだけ煽ってくれる曲、今回だけで眠らせるのもったいない。


truth

四角く切り取る仕草が会場内見てて楽しかった。





明日の記憶

生まれてからの5人の写真と履歴がビジョンに流れて今から10年前に達した時にそこから5人の写真が集まって嵐という文字に変わるという演出。


涙腺決壊。


泣いた。

いや、これはズルいって。
泣くって。
まんまと泣くって。


子供の頃からの写真はやっぱり翔ちゃん見てしまいました。
子供の頃の写真とか見てても「あー翔ちゃんだなー」って。
そして「あ、マメの頃。」って懐かしい風貌になって、嵐になってった。
泣いた。そして10年。


これ、DVDになったら全員分見たいなぁ。
松本が見たかった。
松本はその変遷がすごく楽しめる人だから。


(「ニノは永遠の17歳で変わらないしね」と友人談)


A・RA・SHI 
SUNRISE日本
君のために僕がいる
時代
ナイスな心意気
PIKA☆NCHI
とまどいながら
言葉より大切なもの
HERO
サクラ咲ケ
WISH
きっと大丈夫
Love so sweet
Happiness
Believe

細かくつなぐメドレー。
すべての曲に大波小波で押し寄せる涙。


なにもかもにね、思い出がある訳ですよ。






プチのシール集めてた時、太っちゃったことあったなーとか
マックのたいして美味くもないシャケバーガーを正月から食ったなーとか
特急<10・9>投球コンサートの時にトランプ衣装でゴンドラで降りてきた時、嬉しかったなーとか
あの頃は松本はいじられキャラだったのになーとか
ステージに残されてからかわれたりしてたのになーとか
ニノあいのピノはやたら可愛くてよく食ったなーとか
お台場までわざわざPIKA☆NCHI見にいったなーとか

  



5×10

涙腺決壊第2波。
翔ちゃんが客にケツ向けててもメンバーの方に向かって歌ってたのが嬉しくて泣く。



PIKA★★NCHI DOUBLE
明日に向かって


涙腺決壊第3波。
明日に向かってはちょっとなんともいいようもなく特別。
Jrでこれを歌ってた時にはこんな日が来ると思ってなかった訳で。





できるだけ
One Love



ファイトソング
五里霧中
Season

大ちゃんのソロパートのまっすぐな声に最後の最後でまた泣く。
この声が5人の主旋律を、嵐の楽曲10年とのこの3時間を引っ張ってきたんだなと。
ふいに染みた。


 

10年コン終えて。

最初から最後まですごくイイ顔するんですよ嵐が。
当たり前だけど私から流れる涙はキンキ10周年とはまた違う色の涙でした。




嵐でこんだけ泣いてたらキンキ10年はどうだったんだって話だな。





10年という通過点だけどこの通過点を一緒にいるということに意義があるんだよね。
私はたまたまデビュー前からキンキのおかげで見れてきたけど
たとえば好きになったのが3年前でも5年前でも今、一緒にいれるなら
5年後の15年、10年後の20年、振り返った時の10年目は私達と嵐の中にあるものだからね。




そしてこの5×10。
20年来の一番の地元友達と見れたのがまた幸せでした。
心おきなく泣けた。





私も大概キンキ馬鹿ですが友人は友人で嵐バカ。
嵐コンには一番最初は私が連れてったんだけど今では私がついていってる。
今ではアラシゴトで困ったらそのすべてで頼りにしてる。





そんな仲良しなのでもうやたら盛り上がれて
山車やトロッコの動きひとつにも翔ちゃんこいこいっ!って念じたり、
ニノかわいーとか松本、ズルいわーとか相葉には負けたとか
あぁ・・・それでこそ大ちゃんだよとかつぶやいたり叫んだりして




あははは!うふふふ!じゃなくて
うひひひ!とか、うははは!って笑いあえんの。





帰り道も懐かしい話とかして
嵐っていいねー楽しいねー
お台場まで一緒に映画行ったねーとか話してたら
友達が歩きながらそこでまた泣いてんの。

嵐10年と私らが楽しんできた毎日と重ねて泣いてやんの。



泣くなよーと・・・・って笑いながら
ええいやー君からもらい泣き。
私も同じこと思ってましたよ。





たぶんまた何かの折々に今日の日を思い出せる一日になりました。
ありがとうありがとうと嵐が感謝してくれる10年コン。
こんな嵐に出会えたきっかけのキンキにも感謝。
こちらこそ、いろんなすべてにありがとう。



嵐が好き。

嵐が好きな自分が好き。



これからもよろしく。
ずっと。






 

posted by . at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする