2009年01月29日

兄弟1/25


明日はうたばんで次々と書きたい感想がたまっていくのでさっくり次々と。
1/25の兄弟感想。




    

今回のゲストは兄弟に6年ぶりに登場のGackt。
まぁゆっくりしていけとどんな場所もリビングにするKinKiKidsに
Gacktは6年という年月を感じられただろうか。



  
KinKiからは年月を経ても懐いてる感は変わらず。
特に光一。

   

Gacktの武勇伝の数々から突如「痛いって言ったら負け。」の足相撲対決へ。
   

足相撲の横綱・Gackt。
2人とも痛がってあっさりと負けた。
足相撲では幕内力士にもなれないKnKiKidsでした。

  





   
光一と剛でやってくれないかなーと期待してたんだけどなー。

腕相撲はいつも引き分けの2人だけど足相撲でも引き分けだろうか。

もし光一と足相撲していて剛がまたクサいと叫んだとしてもそれはきっと
テレくさいのクサいに違いない。





   
そんな2人を見て
ふっ・・・・
まったくこいつらったらめんどクサい・・・・と私達もニヤニヤするのだろう。
やってらんねーぜ阿呆くさい。しゃらくさい。





  
足相撲はGacktに事実上負けましたが
私は元旦、大阪初場所で伝説の一番を見ました。






   
剛が光一を上手出し投げ。
馬乗り。

相撲?いや、柔道か?
抑え込み、そして反則技勝ち。



  

反則だけど光一の笑顔でお咎め無しの結果オーライ。
そんな剛の決まり手に感服しました。






   

スポーツが苦手な私はまったく相撲には興味はないけれど
めくるめく妄想に溺れる一人相撲は得意です。

    







         



posted by . at 04:03| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。