2008年08月24日

北京五輪が終わる。

櫻井翔のおかげで過去の五輪と比較的してもかなり見ているはずの今回の北京。
スポーツ全般にさっぱり興味が無いが時差がほとんど無く、苦労せずに見続けることが出来た。


興味は無いと言ったがもちろん見るからには様々場面にテレビ前で立ち会って日本人として嬉しい。
そしてふいにカメラに抜かれて感動している櫻井翔に感動している。
櫻井翔の姿に目頭が熱くなること度々。



メインパーソナリティとして中居もやっているもののキャスター職を前面に押し出した櫻井翔は
ジャニーズでの確実な新たな一歩として評価したい。
1を10にすることよりも0を1にすることのほうがずっとずっと大変だもんなぁ。
その1はちゃんとそこにあると思う。


新聞を数誌購読し、現場へ赴き、ちゃんと理解してちゃんと学んで、読むだけでないニュースをちゃんと伝えられる人が
これから事務所内で現れてもこの人の背中に続くのだ。
この人の道程をたどってまたそこに新たな道を開くのだ。




数時間で閉会式が始まろうとしている。
きっと感動をありがとうとたくさんの選手が称えられるのだろうが
感動をありがとうと櫻井翔を称えたい。
彼もまたゴールドメダリストです。







 

さぁ。
北京での達成感を胸に日本に、嵐に戻っておいでー。



  



posted by . at 15:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。