2019年10月31日

光の気配をなんと呼ぶのかを考える。

【2019年版私のシングルタイトル略履歴】

硝子
愛愛
ジェロマ
全抱き/青の時代(そのまま)
はぴぐり
シンクリ
やめPU
フラワー(そのまま)
雨メロ/to Heart(たまに東鳩)
好きになってく愛してく(何故かこんなに長いのに略さない)/やる気まんまん(さすがにやるまんソングとは言いづらい←)
夏王/もう君
ぼく羽根
情熱(そのまま)
Hey
カナブル(意外とカナシミブルーそのままで呼ぶことも多い)
solitude(そりとか言いそうなのに意外とそのまま)
ぶらっず(なぜか永ブラと呼ばない派)
心に夢を君には愛を(どう略したらいいのかわからないまま今日まで生きた。文字数事情で心夢君愛としたことはある)/ギラ☆ギラ(そのまま)
薄荷
ね、がんばるよ(そのまま)
アニバ
ビロ闇
すのすの(字にする時はSNOW×3)
ハモデ
BRAND NEW SONG(そういえば略したことないのでは)
永遠に(そのまま)
シクレ
約束(そのまま)
スワン
Family(そのまま)
Time(そのまま)
変わったかたちの石(字にする時は変石)
まだ涙にならない悲しみが(そういえば略したことないのでは)/恋散り(って言ったことあると思う)


薔薇太
手ずから(むしろこっちが道と呼ぶはずなのに)
れっらい(字にする時はRed Light)
突発
会いたい会いたい会えない(文字数事情によっては会会会)



−――そして。
ここにきて発売の「光の気配」である。

このように略したり上の句のみを呼んだり(俳句じゃねぇ)ワンフレーズを抜き取ったりして呼んできた私ではありますが
光の気配は「気配」と呼ぶのではないかという予感に満ち満ちている。
聴いてもいないのに。

もしくはちゃんと「光の気配」(全文)
聴いてもいないのに。


いや・・・だって・・・
なんかさー

カジュアルに「光」って呼ぶかどうか考えてみ?って自問しただけで瞬間、胸に迫りくるおこがましさというか自制心というか


この一文字が背負ってる圧の強い尊さみたいなものが!!!!
なんかしらんがそこにあるんだよ存在するんだよ
ひらがなでもカタカナでもなくこの漢字のこの漢字の!!
ごめん、今の私には圧倒的にある!!!
あるね!!!!



んじゃまぁ「光」って呼んだとしよう。するよ。


それを想像しただけでさ
例えばなにげなく立ち寄ったファミマで流れてたとするよ


「あ、光だ」
とか呟くわけですよ。イントロ2秒で。んで、

光とか言っちゃった(赤面)

って
恥ずかしがってる自分こそ恥ずかしい的な気持ち悪さと差し出がましさみたいなのものに襲われそうだろうがとっととファミチキ買って出ろよって欲しくもないファミチキ買っちゃうの目に見えてるんですよ。


もしも「剛腕の気配」ってシングルが出ても私はきっと「気配」って呼ぶと思うんです。もしくは「腕」


その一文字目に嬉しくなってふいに口にしたり漢字を思うだけで同じ赤面現象に見舞われるのわかってんですよ。
光のようにその名前とは読み方違おうともその漢字だけで見るだけで脳に浮かぶだけで絶対キュンキュンするから。



わかってる。わかってるんだ。
阿呆だなこいつなにいってんのこいつって。自分で。
でももうここまでくると
こじらせるとこうなるという症例をお知らせしたいなと思って。
黒髪猫目Dカップの綺麗めの薬剤師さんにお薬出しときますねって伏せ目がちに手にお薬握らせて欲しい。
って願望がね
ここ最近の私を支配してるんですよ。



でもね、そんなこと言いながら曲聴いたらきんきの放つルクスの強さに
「光いいいいいいいいいいいい」って呼ぶ自分もちょっと想像できるんですけどね。
眼つぶれるくらいのまばゆい光にそう呼ばずにいられないんじゃないかってね。
今の光度何ルーメン?!照度何ルクス?!効率何ワット?って
気配とは?!って泣き叫びながらもまとめて「つよいひかりさーーーーーー!!!」って違う歌詞を答えながら
暗い夜のとばりの中へ走り出すんですよお別れショートポエムを背に浴びながら。(どヤ最後まで聴けよ)




でもきっと世間では光って呼ばれるんじゃないかなって思います。


なので発売日までトレーニングしようと決意しました。自主練ですよ自主練。
爆笑問題の田中あたりを眺めるところからはじめようかなって(相方が光)
尊ぶのが前に出すぎる癖をどうにか抑制してそう呼ぶことが楽しい的なところまで持っていければいいなって。
もっとシンプルに生きられたらいいなって。
からあげ串といももちくださいって言えたらいいなって。(ファミマから離れろ)




posted by . at 02:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする