2016年01月21日

緊急生出演から2日あけて思うこと。


緊急生出演から2日あけて思うこと。


さあ、ここからどうするか。
まだ何も終わってない。
しかし始まってないわけではない。


さあ、ここからどうするか。
暴走する報道に呆れてばかりもいられない。
さあ、ここからどうするか。


不仲とかそんな報道はうんこなんで踏んづけとけばいいんですが
(靴が汚れるんで踏んだりもしなくていいです)
この騒動で企業イメージは確実にどん底近くに落ちたと言ってもいい。

グループ継続が本人達の意思であることがしっかりとそこにある現状で
やはり結果的に一番の致命傷はここにつきます。私の見解。


先日も言いましたが
好きな人がそんなパワハラ企業で働いていると思いたくも思われたくもない。

いつだってアイドルはそんな事情など見せずに
自分の好きな仕事をしっかりやってどんどん吸収して成長して
どんどん新しい魅力を自分の中に発掘して撒き散らして
いっぱいお金貰ってキラキラしてて欲しいんです。


だからSMAPのこれからがまた明日を左右してしまう。
そう思いつめながらもあまりに報道が暴走していくことにふいに冷静さを取り戻してふと考えたことがあります。


世の中が悪者を決める前提、制裁がある前提の着地点を探している。
世論の盛り上がりからこの着地点は避けられないとしてもその着地点までに時間をかけても
ふわりと降り立つパラシュートをつけることはできないものか。







世は今、まさに


一億総 市原"家政婦は見た"悦子 状態。





「家政婦は見た!
〜ジャニーズ帝国、華麗な一族の秘密 したたかな女たちの跡目争い〜」




こんなサブタイトルで日本全国一億二千万人が声高らかに

「大沢家政婦紹介所から参りましたーーーーーー!!!」

と玄関先で叫んでいるところなのだ。





扉の影から顔半分出して聞き耳立てながら情報を集め
家政婦秋子(市原悦子)という世論が

「ああ、恐ろしい恐ろしい!みーんな恐ろしい!」

と大広間兼リビングで親族を集めて言い放つクライマックスの準備が出来ているところなのである。



このクライマックスを迎えた場合
家政婦秋子が叫んだ後には後味の悪い失脚劇や縁切りの結末、反省や後悔のバッドエンドが待ち受けているだけ。

でも家政婦秋子だってちゃんと見てるところは見ているはず。
ドラマだったらクライマックス無しには成立しないけれどここはひとつクライマックス無しのエンディングへ持っていきたい。



「お金持ちの考えることはわからないけれど、SMAPってすごい人達なのね。ねぇ?はるみちゃん・・・」
とネコを撫でてエンドロールがただそこに流れるというところへ持っていきたい。



私が目指したいのここ。
ここなんです。
このクライマックス無しのはるみちゃんエンドなんです。
クライマックスは無くていいんです。
これはドラマじゃない。
現実なのですから。



ここに持っていけないのかと。
世の中をここに落ち着かせることはできないのかと。




そもそもそれぞれのえこひいきで出来上がってる事務所なんですから
今さらそれぞれを責めたところでどうにもならない。

愛に飢え虚勢を張って生きる姉と数々の伝説を巻き起こす天才な弟というそんなとんちき姉弟が作った帝国が
ブラックでパワハラな企業と認定されかけてる今、ここまできたらどんなに美談に持っていっても無理がある。

行き過ぎたSMAPへの制裁はこの騒動で明るみになったとされる企業イメージを更に悪化させることになると考えます。
私の言うことを効かないからこうなるのよと会社側が欲しいだけの優越感を感じさせては他のタレントにもその影響は波及していく。
マスコミも大いに食いつく。




誰も幸せにならない。
企業イメージも上がらない。
もう心の病しか待ってないような気がする。


だからいっそ
そのままとことん働かせて欲しいんです。
スマスマも継続、レギュラー番組も継続、ツアーもやる。シングルもアルバムも出す。普通に。予定通りに。



他のタレントに示しがつかないと言われるというのなら
それこそをSMAPに求めるんです。
国民的スターSMAPに示しがつくように立ち回りなさいと。
世論を動かしなさいと。



そして

私はそれが出来るのがSMAPだと思っています。




きっと簡単ではありません。
なにごともなくても上手くいってもいかなくても叩く人が必ず出てきます。
世論は味方であり世論はまた敵なのです。



その上で飯島さんを悪役にしない方法は
やっぱりそうやってSMAPがSMAP然と仕事をして彼女が彼らに残してくれた魂を見せていくことなんじゃないかと。
SMAPはどんな苦境に立たされてもやっぱりSMAPってすごいねって。
こんなSMAPを作り上げた人がいたんだねって。
それをSMAPが示してくれる。




だからってメリーをこのままにしておくのかとかSMAP本人達がこの事態を招いたんじゃないかとか
やっぱり納得できない人はいると思うけど結果こうなってしまったという現状を憂い続けて
誰のせいだとか誰かを憎むという時間はただただもったいない。
そうしている間に記念イヤーはどんどん過ぎていく。



踏ん張る。
そういった中居に、SMAPに
だからこそ踏ん張る場所を与えてあげて欲しい。



吊るされてしまっては踏ん張れない。
踏ん張れる足場があってはじめて踏ん張れる。飛び上がることも出来る。




SMAPが見たいです。
SMAPの笑顔をください。



要望を継続して踏ん張る場所をSMAPへ繋げる。
会社を動かす。
スポンサーを動かす。
世の中を動かす。


メリーに勝算ありと報じられるばかりだけど
タレントとファンの力で
「あんたたちには負けたわ」ってメリーが白旗あげるような結果だって待っているかもしれない。
まぁ、絶対言わないだろうけど。




でも一億二千万人の家政婦秋子が
「メリーさんの負けね。ふふふ。ねぇ、はるみちゃん」
って猫なでてくれる終息に持っていけたら最高。
いろんなことが上向きに変えていける気がする。
負けて勝つ。という諺を見ているような気持ちで
兄さんらの雄姿、期待してます。




勝算なんかまだどこにもない。
勝負はまだ
始まったばかり。





posted by . at 02:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする