2015年12月13日

【実験企画】「コンサートでなくてもペンラを握りたいという願望を叶えてみた」

こんにちはパティです。
久しぶりの実験企画。
タイトルにもありますが
「ペンラをコンサートでなくても握りたいという願望を叶えてみた」という企画で今回お送りいたします。
(スマホで見ると画像が若干ぼやける現象があるようです。スマホではPC版でご覧いただくと画像が綺麗に見られます)
ALL001.jpg






私はKinKiヲタです。
近年、KinKi Kidsのコンサートは年に4回となっています。
今年は大阪12/19.20、東京12/31.1/1
たった2週間ですべてのツアーが終わってしまいます。
全国ツアーは7年前。
福岡/札幌の全国4か所はもう5年前。近年は東京大阪公演のみとなっています。


お察しいただければ幸いですがそうなると
KinKiヲタの1/1のコンサートロスっぷりはそれはもう半端なく。
たったの4回ではペンラの電池も使いきることなく煌々と輝けるまま。


電池交換なにそれ?そんな勢いで喪失感に包まれながら
楽しかったなぁ・・・もっともっとコンサート行きたいなぁ・・・
とKinKiヲタはペンラを手放した手のひらをぐっと握りしめるのです。







もっと・・・
もっとペンラを振りたいなぁ・・・・








そこで。




考えました。
だからってペンラを持ち歩くわけにはいかない。
なにもないのにただペンラを振っていてはおかしな人だと思われる。
どうにかペンラを振っていることに気付かれることなく日常でペンラを振ることはできないのか。
振ってる気分を味わうことはできないものか。


そこで今回の企画となります。
まずはそのペンラの持ち手の部分をいくつか確認してみましょう。


ペンラ歴代.jpg




このように
ひとくちにペンラと申しましても様々な規格があります。
現在、この下写真の規格が主流かと思いますので(少なくとも近年のKinKiとスマはこれ)
この規格で進行していきます。

規格.jpg



太さは21mm。


このサイズを覚えておいてください。
そしてこのような形のペンラヘッドで検証していきます。


ペンラヘッド部.jpg


ではまいります。




エントリーNo@
ウインナー「シャウエッセン」(ニッポンハム)

シャウエッセン.jpg
シャウ径.jpg
シャウ001.jpg



太さは申し分ないジャスト21mmの完璧な直径。
しかし色がまごうことなき茶色であること、
また若干カーブしているものもあり握りやすいとは言えず残念な評価となった。

そしてなによりも肉臭さが手に残る点がマイナスポイント。
成型されている為さほど影響はないとみていたが粗挽きの脂身、香辛料に呼び覚まされた肉の旨みが皮からも滲み出ていた。
シャウエッセン、美味いはずである。

そりゃ久保田利伸も踊りだす。



太さ★★★★★
色 ★☆☆☆☆
握りやすさ ★★☆☆☆
満足度 ★☆☆☆☆
肉臭さ ★★★★☆





エントリーNoA
マーブルチョコレート(明治製菓)

マーブル001.jpg
マーブル003.jpg
マーブル002.jpg



お子さんをお持ちのママヲタさんも子供におやつを与えながらでもペンラを感じたい。
そんな希望を叶えてくれるかと思いきやまさかの直径24mm強。
大きくペンラ直径を上回ってしまいペンラのヘッドにも挿さらず実演は叶わないという結果に。

パッケージもカラフルで気付かれやすく振る度にシャカシャカというマラカス音を奏でてしまう。
ペンラとしてではなくリオのカーニバルでの需要の可能性にシフトしてこれからも注目していきたいアイテムである。
今回は残念な結果となったが気軽に栄養補給が出来る点(手を汚さず糖分を摂取)は
大きく評価したい。

明治製菓がブラジルに一歩近づいた確信が今ここに。


太さ★★☆☆☆
色 ★☆☆☆☆
握りやすさ ★★★★☆
非常食 ★★★★★
サンバ★★★★☆




エントリーNoB
ジューC(カバヤ食品)

ジューシー002.jpg
ジューシー003.jpg
ジューシー001.jpg


お子さんをお持ちのママヲタさんも子供におやつを与えながらでもペンラを感じたいシリーズ(勝手にシリーズ化)



しかしこちらも大きくペンラ直径を上回ってしまいペンラのヘッドにも挿さらず実演は叶わないという結果に。
ぎっちり縦に詰まっているので振ってもさほどシャカシャカマラカスっぷりは出さないものの
やはりパッケージはペンラのそれとは程遠い。


主原料はブドウ糖でありこちらも吸収の良い非常食となります。
余談ですがジューCは発売50周年だそうです。おめでとうございます。
2017年に20周年を迎えるKinKi Kidsが50周年を迎える時は2047年です。

生きてるかな私。




太さ★★☆☆☆
色 ★☆☆☆☆
握りやすさ ★★★★☆
非常食 ★★★★★
KinKiの50周年祝いたい気持ち★★★★★






エントリーNoC
マッキー(ゼブラ)

WYT5_BK__.jpg


マッキー001.jpg




槇原敬之ではなく油性マーカーである。




総データ時代といえど会社員/学生にお馴染みの文房具から一番有名なマーカーを選択してみた。

正直「細⇔太」になってる時点で握り具合が違うことは承知していたし細い方では細すぎるし太い方では太すぎる予測もついていた。
挿してもご覧の通りである。


ただペンラの直径と同じ位置・・・それは太い方を開ける時に指をかけるところであること、
そこがペンラの太さの場所であることは強くお伝えしておきたい。

このあたりがマッキーの21mm.jpg


「あ。わたし今ペンラ握ってる・・・」

そんな感覚を仕事しながら太字を書く一瞬、指先だけでも感じてみて欲しい。



太さ★★★☆☆
色 ★☆☆☆☆
握りやすさ ★★★☆☆
満足度 ★☆☆☆☆
いいから仕事しろ ★★★★☆





エントリーNoD
北海道チーズinかまぼこ

北海道チーズinかまぼこ.jpg

チーカマ直径.jpg
チーカマ001.jpg



この企画を思いついたきっかけとなったのはこの一品。
酒のつまみに握った瞬間ふと「ペンラより細いなこれ」とわかってしまってこの企画を思いつきました。
(パッケージが空いているのはそのせいです)

予想通り直径17mmでペンラ直径を満たしてはおらず
開封シールの赤が気になるものの本体はほんのり白く
完全に密封ケーシングされている為、無臭であり柔らかく手の感触も良く握りやすくなっています。
プルプルとした感触と共にヘッドが揺れるのは難点ではあるものの熟練者ならペンラ振りの技術で軽減可能なレベル。

チーズなど入れず
白身魚の質と量でもっとペンラの色に近づけることは可能かもしれません。


太さ★★☆☆☆
色 ★★★★☆
握りやすさ ★★★☆☆
非常食 ★★★★☆
でもチーズ入りが好き ★★★★☆



エントリーNoE
素麺(揖保乃糸)

素麺004.jpg

素麺003.jpg

素麺001.jpg

素麺といえば揖保乃糸だと買ったら300円弱と高かった。
実験だから安いのを買えばよかったのだが後で食べるのが私かと思うとやはり美味しいのが食べたかったのだ。

されはさておき。
太さは20mm強と申し分なし。
帯の赤がチーカマに引き続きやっかいだが素麺そのもののアイボリーの色味はなかなかのもの。

しかしこのアイテムの最大のマイナスポイントは振っているとパラパラと束から麺がこぼれていってしまい、元の形を保てないことにある。
握りにくいことこの上ない。
期待していただけに非常に残念な結果となってしまった。


素麺002.jpg


太さ★★★★★
色 ★★★★☆
握りやすさ ★☆☆☆☆
満足度 ★☆☆☆☆
素麺の冬レシピ急募 ★★★★☆




エントリーNoF
長ネギ(大分産)

長ネギ001.jpg



説明の前にまず装着写真をじっくりと見て頂きたい。

長ネギ002.jpg





Twitterに記事案内が載った時に添付されていた画像や冒頭の文に添えていたのがこの画像だったのだがその時点で誰がペンラに長ネギを挿してるとわかっただろうか。
そのくらい違和感のないこの長ネギ。

ネギ直径.jpg
太さもジャスト21mm。そしてなによりもこの白さ。
持った瞬間に私自身が「ペンラだ・・・」とつぶやいてしまったほどである。




これほどにも日常に浸透していて誰もが握れるペンラ軸があっただろうか、いやない(反語)





長ネギ003.jpg
上だけ見たら違和感ないのに下がこんなことになっているなんて誰が思うだろう。



長ネギ004.jpg

ヘッド部に水入れたらここからこんな風に生えているように育ってるみたいに馴染むほどなのに!

長さをそろえて切ってしまえばドームでもバレない確信すらある!!!





と、いうわけで。



今回のこの企画、無事終了を迎えました。
ペンラを日常でも握っていたい、そんな願いを叶える最適アイテムは・・・・







長ネギ・・・!!!





長ネギ優勝!!!!




長ネギ002.jpg





太さ★★★★★
色 ★★★★★
握りやすさ ★★★★★
気付かれなさ ★★★★★
冬は鍋だね ★★★★★











優勝は長ネギとなりました。
季節的にも鍋にすき焼きにと食卓にのぼる機会も多い長ネギ。
スーパーの店頭で選びながら・・・
冷蔵庫から取り出しながら・・・
まな板の前で・・・・
どんなシチュエーションでも長ネギを握り振ってみてください。
そこはもう大好きなコンサートのアリーナ席。
振っている間に鍋もぐつぐつと煮立ってきっと美味しく仕上がります。



彼氏や旦那様も今後もし奥様や彼女がキッチンで長ネギを振っていても
脳内コンサートしてるんだなと放置してあげてくださいね。




あまりに手に馴染み過ぎて間違ってもコンサート会場で長ネギを振らないように。
コンサート会場でご購入くださいね。




長ネギは光りませんから。







.


posted by . at 21:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする