2015年10月03日

私がひよこクラブ読者になる日まで(仮)








読者になるとは言ってないとこがポイント。








今日はそんな話題にくいついてみました。


驚きました。
まさかの剛さんのひよこクラブ連載。
未婚・子無しの堂本剛の新連載を未婚・子無しヲタが買う構図がいまここに。
私のことです(しかしまだ買うとは言ってないze☆)



ゼクシィをめくることもないままここにきて突然にひよこクラブ。
人として人と出会い人として人に迷い人として人に傷つき人として人と別れてそれでも人しか愛せない
そうして生きてきてもそれでもゼクシィをめくる日がこなかった私にゼクシィもたまごクラブも飛び越してひよこクラブ。





大丈夫。
泣いてない。






頬を伝うなにかを拭いながら
なぜに堂本剛なのかと。
考えてみた。



たまひよさんのベネッセもこの時代に大変なんだろうなと思うんだよね。
迷うことがあってもネット検索すればいろんな情報がしかも最適な形で拾える時代。
毎月買わなくてもいい雑誌だし生涯購読する雑誌でもないから
いつかは買わなくなる日が来るとしてもひとりひとりのそれをどれだけ遠ざけることが出来るのか
先が見えてる雑誌だからこそ企画勝負で購買層を広げていかなきゃならない。
しかも子供というコンセプトのみで。



まずご覧いただこう
ひよこクラブの売上低迷っぷり。

ひよこ低迷.png


ひよこクラブの部数減は顕著に表れています。
そこで白羽の矢を立てたのが堂本剛連載という企画。
実体験も伴わず人選としても企画としても唐突だがプレゼンにおいて納得させるには十二分な裏付けがある。



・少子化が進む世の中で売上が低迷
・購買層と見られる30代40代に確実な知名度
・無関心な旦那に子供がいない人にもこれだけ関心が持てるという説得力
・イラストが描ける
・ジャニーズという安定の購買力そしてその連載のみ払える裕福なファン層
・どんなジャンルや評価にも悟りが開ける対応力
・母子手帳に関わった実績
・こんな息子が欲しいという想い叶えるほどの絶妙なマザコン








よし


堂本剛で。









私でも言える。

このプレゼンなら勝てる。




わかった。
わかったから。
もう何も言うな。



ジャニーズの力が欲しかったのもうなづける。
購買層に知名度あっても既婚家族情報は一切NGのジャニーズ内で妻帯者を起用するわけにいかんしな。
国分とか同じテーマで採用してもヲタは買わないだろうしな・・・。
奥さんにプレッシャーかかるしな・・・。
かといって飛ぶ鳥落とす勢いの人気グループに頼んだら発狂するだけだしな・・・
なんて素敵ポジションにいるの堂本剛・・・・・。



これで上手くいったらオレンジページとかレタスクラブが揉み手して待ってるかもしれない。
でもまだそっち系の雑誌の方が私買いやすい。
正直店頭では買いづらいので買うなら通販一択なんですけどね。
田舎だとちょっと大きめの本屋なんて誰に会うかわかんないし。










いっそベネッセさん、つよしの為に「菩薩クラブ」とか創刊してくれないか。

本人もよく拝まれるって言ってるし正しい堂本剛の拝み方とか特集して。買うから。
進研ゼミから菩薩まで。
ゆりかごから墓場まで的な起用待ってます。






しかし新しいお仕事はありがたいとは思うんだけど
正直もうちょっと幅広い層に向けた連載欲しいなぁ。




アパレル関係も低年齢だけでなく層広げてもいいと思う。
36歳男としてのちょっとハズしたスタイルとか提案して欲しい
へぇ、こういうのアリなんだ・・・って提示できるポジションにいるからもっとそこを生かしてほしいなーなんて。




一緒に迷っていくような、
人生哲学的なのもいいと思うんだよね。




もっとこう・・・老若男女誰しも万人が経験してる体験に基づいて共感だけでなく剛さんから指南できるような
そんな雑誌だともっと堂本剛の中にある潜在的な能力が発揮されそうな気がするんだ。




「月刊 失恋」 とかないのか。





・・・辛い。



ごめん、そんな雑誌辛い。
もっと買えない。

  

まぁ、失恋とはいわなくても
♪20歳過ぎてる大人は信じないさ!イェー!とか♪君に会うまでは半分死んでた的なそんな若年層でもいいよ
無駄にくよくよしながら夢ばっかり見てるいきがった男がひっかかりそうな雑誌。
マイナス感情から救われることって人に大きな影響を与えるからそういうところにスッと入り込む感じ、イイ。

「季刊誌 反抗期」とかないのか。

反抗期って悩む時間が人を成長させるから毎月は無いかなと季刊誌にしてみた(無駄な気遣い)






「月刊 相方」だったら

即効定期購読する。
きんきだけでなく相方的な要素があれば誰でもいい。
そこで連載持とう。

ヲタ増える。CD/DVD売れる。コン動員数増える。
この時代なら売れる。
誰かこの企画買って。
両片思いのエピソード満載でよろしく。





月刊と言わず週刊と言わず
相方新聞で毎日届けてくれてもいいよ。
買うよ。
明け方ポストの前で毎日届くの待つよ。




「僕が両想いになる日まで」
そんな連載お願い。





そこに(仮)はいらない。



































最後に。
たまひよ雑誌を買いづらい方に
ひとつ朗報を。



究極のたまひよ雑誌見つけました。
たまごクラブもひよこクラブも兼ねていて
住む環境とか場所選びから始めるならゼクシィも兼ねてるかも。

月刊誌でグラビアも連載も充実。
このたまひよ雑誌なら私も買いやすいのに。









1281682345_l.jpg











posted by . at 20:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする