2015年01月18日

「実はデキる子」と「やればデキる子」という要素はアイドル稼業には絶対的に必要である。





「実はデキる子」と「やればデキる子」という要素はアイドル稼業には絶対的に必要である。




なにゆえにこのタイトルになったかと言うと
小倉(一般的呼称:大倉)と縦山(一般的呼称:横山)が高卒認定試験を受けるという仕分∞を見たからである。
今回の仕分けはまさにそれを実感させてくれる素晴らしい企画であった。




なによりこういう瞬間に立ちあえるというのは絶対的にファンとして離れられなくなる瞬間なのだ。



立ち合えた、いや立ち合ってしまったというべきか。
銀行残高を憂う気持ちや老後を案じる理性と決別する瞬間といってもいい。


前述した「実はデキる子」と「やればデキる子」という違いはあれど
結果を出せるのは更にそこに「持ってる」という要素も加わる。


それを見事に示してみせた功績は大きい。



そもそも「実は」も「やれば」も
それを発揮するチャンスを逃さずに掴むには相当の運命づいたタイミングが必要なのである。
デビュー組しかりJrとなるとそのタイミングを得られる可能性すら危うい。


「推されてる」などという援護射撃を生かせないようでは生き残れないことはきっとその場にいる子達が一番よくわかっているはずだ。


そのチャンスに恵まれたコは「選ばれた子」という名声を一瞬なりとも得ることになるのだがそこで結果が残せなかったとしても
あえて守りに入らず悪あがきという勇気を持てたコが
結果「おいしい」というステージに着地する奇跡も起きたりする。

得意だとされるジャンルでいざやるとやってもやってもできない「本番に弱いコ」という萌えを投下するヤツもいる。

私がアイドル稼業の恐ろしさを感じるのはこんな瞬間なのである。
これは怖い。
胸がぎゅっと締めつけられるような感覚が甘く訪れたことに敗北感。
白旗を掲げて投降する群れ。
その後ろ姿を何度見たことか。


アイドルは頑張る姿を見せる事、そして確実に成長する事が無条件に求められる存在である。
そう、今となっては無条件なのだ。
「頑張れるコ」という要素は何年もやっていけるような魅力ではない。
それが通用したのはバブル期前の話だ。


今となってはすべてに結果が求められる。

出来ないことが出来るようになることなど当たり前になった。




綺麗にターンが出来るようになった。
歌いあげる声の伸びが良くなった。
ダンスにキレが出てきた。
無茶ぶりの返しが上手くなってきた。



そんな日々の楽しみが重ねられ、アイドルヲタに次にやってくるのはそれをしらしめたいという欲である。




アイドルなんて顔だけなんだろうという一般的な印象を払拭したいという欲望が芽生えはじめ新たな深みにはまる。





顔だけでアイドルになれる子などいない。
私の知るそれを世間にしらしめたい。
このコが私のその道標。


大量生産品ではなく、想定された品質ではなく
実品質でその差を埋め、その性能、品質を
許容誤差範囲内で継続的に収めていくことに満足せず
飛躍のチャンスを狙いながらも一歩一歩でも越えていく。


その手助けをしたい。
アイドルヲタにゴールなどない、ましてや限界もない。




そんな強い意志を持ちながら新たな矛盾に気づかされる。


完全体を求めながらも完全などつまらないことも知っている。
そう、アイドルの究極の形は矛盾なのだ。
完全体を目指し完全体になりききれない者こそがアイドルとしての完全体なのだ。


その矛盾を越えた者が呼ばれる呼称はなにか。
それこそが「スター」である。

にしきの的なそれではない。
スターという有無を言わせぬ絶対感を持ってしてそこに残す「アイドル要素」という技を体得する者もいる。



これを出来る者もげに恐ろしき存在である。
そこまでいって欲しくないと想ってしまう寂しさもまた行きすぎた愛の痛みであり杞憂のように思えるのだが
ここにも矛盾は発生していく。


アイドルとの関係性はすべて矛盾で出来上がっていく。


売れてほしい、でもチケットが取れなくなるほど売れて欲しくはない
だけどメディアにはもっともっと出してあげたい
名声を、財産を、正当な評価を、
充実した毎日を、やりがいを、笑顔を、





−−−−−笑顔を




アイドルヲタなどと簡単に呼んでくれるな。
矛盾なれどそれほどの崇高な魂を誰が笑うことができようか。




いくつも乗り越えてきた。
いくつもこれ以上ないと実感できた瞬間もあった。
登りつめたようでいて今訪れる切なさを
もっともっとと言える強さに変えていける。



あなどるなかれ。
至れば「実はデキるコ」「やればデキるコ」その要素は我々の専売特許なのである。
あなどるなかれ。
「僕らの未来」を支えられるのは我々なのだ。
なんだってできる。なんだってやれる。
あなどるなかれ。




さあ、行こう。
共に。



僕らの未来へ。




.


posted by . at 04:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

【カウコンレポ】マッチ全盛期を知るKinKiヲタ目線でお届けします【2014-2015】


あけましておめでとうございます。

久しぶりのBlog更新がなぜかカウコンレポになってしまいました。
mコンレポが先だろと言われそうだがあの伝説のカウコンにおいて数々のツイートやBlog記事を読んだ末、
ひとつの使命感を捨てきれず出て参りました。


今こそ私のような者が立ち上がらなければならないという無駄な使命感がムクムクと湧いて出てきたのです。
その使命感とは

35年前に生まれていない人達へ捧げる、マッチさんをデビュー時から知る者としての使命感。


「私達は知らないけれどマッチさんは一時代を築いたすごい人なんだろうなあ」
という自担のリスペクトに愛を重ねて共に崇拝するしかないジャニヲタの方になにかの指針を示したい。
メリーのスペオキなんだから仕方ないよなんて諦めの前に。




金八先生をリアルタイムで見て
ベストテンをリアルタイムで見て移動中の新幹線のホームで歌うアイドル達を見て
レコ大から紅白へ走るアイドル達を見てきて
スニーカーぶる〜すに始まったスーパーヒットシリーズまでも
そう、思い起こせばマッチさんとほたて貝のハイティーンブギ等を経て、
果てはマッチさんと友近の「愛・旅立ち」も見てパンフも買っていた者として。


年がバレるからやめておこうかと想ったが




今、BBAはひとかけらの勇気を出そうと思う。




映画まで行ってるならファンじゃないのかと言われそうだがその時代は娯楽が少なかったので興味無くても行ってる人は多い(同現象に角川三姉妹シリーズ)



だからこそ
マッチファンではなかったがその時代を知っているという立ち位置の目線が必要ではないかと。


注:マッチと同じ年ではない。
という悪あがきは明記しておく




前置きはさておき。
とりあえずセトリを拾ってきた(BBAの記憶力は惰弱)


ええじゃないか
LET'S GO WEST〜K A N S A I !!
ジパング・おおきに大作戦

Crazy Accel
Za ABC〜5stars〜
SPACE TRAVELERS


やばいわからん
あ・・・聴いたことあるかも
はいはいこれねー(サビで気づく)


という流れで2グループの時間を過ごす。
(BBA始め幅広い世代に愛されイントロから気づけるようこれからも頑張ってください)
盛り上げようと熱意と元気をくれる2グループ。
オープニングには十分すぎるほどであった。

男 never give up
君にHITOMEBORE
King & Queen & Joker

セクゾ。
ここからはようやく一緒に歌えるようになってくる。
お健人様のスキマジに震える場内。
眩しい。眩しいよ。しょりたんはぁはぁとか言ってみる。やべぇ、BBA命しらず。


ウィークエンダー
Come On A My House
明日へのYELL

完全に温まった場内におジャンプちゃん現る。
フォーメーションダンスを駆使して新たな魅せる世界へ連れ去る。
山ちゃんのサイレント銃に撃たれた屍があちこちに。

KAGUYA
愛言葉

KAGUYAは新曲だしここにきてNEWSの2曲目がわからないという戸惑い。
しかし周囲のNEWS担の歓喜と号泣ぶりにただならぬ楽曲であることは即座に理解した。
どうやらこの曲はNEWS10周年の未音源化の曲と知るのは後のこと。
「てずてってとって」というマントラが今も耳に残る。


Venus
We are the T&T
夢物語

滝つキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

今井翼復活に全ヲタが最高潮に盛り上がる。
そこに迎合せずヒゲにサングラス、
見事なヒモっぷりを放つ風貌、それでこそ今井翼スタイル。
まさに翼ここにありであった。
おかえり翼。待ってた。



流れ的に次は
私の大本命KinKiKidsの登場である。
夢物語の中盤から生バンドの皆さんがさながら前線を固める鉄砲隊のごとくザッザッと定位置につくのが確認できた。





−−−−来る。




愛のかたまり


閉ざされた宝物殿の扉が開き神々しい後光を浴びて天から降臨する大天使。
KinKiKidsの登場である。

ヲタ内で世界滅亡バージョン、心中バージョンと呼ばれている愛のかたまりリアレンジバージョンである。

手前味噌だがこれ、最高の登場だった。
生バンド、生歌バラードで空気を変え、神々しさで突き放し平伏したいほどの圧倒感。

ここが雪山だったらどんなに殴られても私、目を閉じて召されてる。


SPEAK LOW
硝子の少年



前例から見てもやらせてもらえるのは3曲しかないのにSPEAK LOW入れてくるとは攻めたなと想った。
バンドがビジョンに大きく映し出されることで
きんきだけは生バンドでやってますというアピールをしたかったのだろうと見た。
私的には同様のアピールするのなら他担にこそキラメキニシスを見てもらいたかったがそこはアルバムリード曲を選択してきた。


3曲目はやはりの硝子で締めてほっと一息ついたところに聴きなれたメロディが続く。
僕羽根。


え?
幻聴?!

違う・・・!!
4曲目?!
4曲もやらせてもらえるの?!
戸惑いながらも右手を掲げきんきヲタは幸せに触る。
降ろした手を合わせてセンステリフトを拝まんばかりのきんきヲタに
そこに響き渡るまさかのホイッスル。




ジェロマキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



ごごごごご五曲も?!
戸惑いながら狂ったように回すペンラ。
慣れてないから!!
きんきヲタこういう高待遇慣れてないから!!!
やだなんなの5曲も!なにごと?!!
昨日決まったばかりのペンラ芸だけどみんなついてきて!!!
きんきヲタについてきて!!
きゃーーー!!!今年のカウコン楽しいーーーー!!!



最高潮に盛り上がったところに
鍵のない箱。





ろろろろろろろろろろ六曲?!?!?!?!



いやああああああ
だからなんなのこの高待遇!!!
こんなに歌わせてもらえるなんて年越しにいないなんてことないよね?!(10周年のトラウマ)



はぁはぁ・・・
まさかの6曲に心を落ち着けたい私に
続いての少年隊の登場の
「君だけに」が優しく包み込んでくれた。
このセトリ最高。


お、おんりーゆぅうう・・・ゲホッグホッ・・・


1曲終わる頃やっと立ち直ったところにメインステに全員登場。
もとい1名除く全員登場。


光一「あの人がいないですね!!!」


あぁ、
こーちゃん頑張ってる。
持ち上げるだけ持ち上げる。
マッチの時代を知るからこそ見える
私には見える・・・
褒め殺し一歩手前のスレスレのラインが見えてくる。


響きわたるLet's Go。
バイクに乗ってマッチさん登場。
あえて言わせてもらうと制作側が意図したほどさほど驚かないありきたりの登場。


まっちさーん!!
全員で盛り上げてメインステに迎える。
MCのきんききっず、ここぞと頑張る。
相方の一挙手一投足もひとつひとつ拾う。泣ける。コンビ芸万歳。

そしてカウントダウン。
HAPPY NEW YEAR!!
すぐにつよしが光ちゃんにお誕生日おめでとう!!を宣言してくれて
つよしと一緒に迎えることが出来た。



これだけでカウコンの元は完全に取れた。
そうなのだ。
カウコンはきんきヲタにとって
つよしと一緒にこーちゃんのお誕生日おめでとうをこの世で一番早く言えるという最大の付加価値があるのである
きんきヲタはその最大付加価値の為ならばたとえそれが3秒だったとしても8500円払うだろう。
ましてや今夜のカウコンは6曲も披露させて頂いた。


その幸せの最中、きんききっずはこのカウコンを盛り上げるべく頑張っている。
後輩にツッコみ、先輩を盛り上げ頑張っている。
マッチパイセンがドラマデビューの年に生まれたきんききっずがあれだけ持ち上げてるのに後方支援しなくてどうする。
頑張ろう。
私、心に誓った。


What's your name


少年隊を除き一旦ハケた全タレが白のロンTに着替え少年隊の後ろで踊った
衣装提供グンゼというクレジットがビジョンに探せるのではないかと思える肌着感。
翌日の元旦コンで光一さんが胸元のシンメトリーポイントの存在感を気にしてしまっていたということを報告してくれました。
こーちゃんそういうの先に言ってくれるかな。
見るポイント変わってくるから。



仮面舞踏会


もっとみんなでエクスタシー!きっとエクスタシー!!つよく!!つ・よ・く!!
全タレかもん!!どんすとっぷざみゅーじっく!!!!



さて。
この時点で0時10分は回ってはいなかったと思う。
伝説となるカウコンのくだりはここからである。


マッチさんはここでひとり、フロートに乗って3塁側に現れた
35という数字を長辺に大きく貼り付け短辺にmatchyという英語表記を貼り付け彼は現れた。
なにげにフロートと言ってみたがフロートなどと小洒落た呼び方をし始めたのはいつからなのだろうか。
いつの間に・・・


山車で十分だ。
山車と出汁をひっかけて一番だし、二番だし、出がらしなどと密かに呼んでいたカウコンの楽しみが奪われてしまった。
これからはフロートって呼びますね


スニーカーぶる〜す
ブルージーンズメモリー
ハイティーン・ブギ
ギンギラギンにさりげなく


その山車に乗って
1曲が終わったのが外周4分の1。
いまどき幼稚園生の三輪車でもあれよりは早い。
一周するのに4曲かかるじゃないかという小学生1年生にも出来る計算が出来てしまった。つらい。
しかしそんな心配は杞憂に終わる。
半周でバクステに異動したのだ。


来ないのかよ。



来ないなら来ないでその構成に納得しないヲタの性。
ソロコンで一周しない外周なんて・・・そんな1塁側の気持ち。
早い速度で一周は周るべきだろう。



ソロコンなのだから。






フロートにひとり乗ってきた時点で周囲の人達が座り始めていた。
無理もない。
曲を知らないというだけでなくフロートにひとりで乗って出てきた時点で
自担が出てくるのではないかという期待からも気持ちが離れてしまったのだ。
察するに余りある。



しかし私はここからひとつのワクワクを手に入れたわけだが。


ああ、
これは


Twitterが荒れる。
Twitterが荒れるぞおおおおおお!!!!!!






バクステで岡健とMCするマッチさん。
恐縮しつつの空気を出しながらも想い出話に花を咲かせる。
その間にも制限時間はどんどん少なくなっていく
まぁこの程度ならそんなに恐縮しなくてもいいよと言いたいところだったが
今思えば



もっと恐縮しててくれてもよかったわ。



後輩とマッチの曲をという説明の後、
愚か者を経てヨイショっと飛び出してくるWESTさん達。





むしろここでええじゃないかが聴きたかった。
ええじゃないかええじゃないか
マッチソロコンでええじゃないかと。








ヨイショ!
ヨコハマ チーク
ホレたぜ! 乾杯
真夏の一秒
心ざんばら


後輩コラボとなったことで会場はようやく少し熱を取り戻す。





アンダルシアに憧れて


はい。
きた。
待ってた。
やっときた。
取り戻した熱は炎となり色めき立つ場内。



しかし歌っても歌ってもバックが出てこない。


練習せずに出来るのが何人かおるだろうが!!!!
最初っから出せやーーーーー!!!


そんな怒りの炎と化す寸前でやっとヒガシと光一が登場。
そして全タレ登場!!!締めは全員で。
なんとか納得できるアンダルシアへと着地した。



隣のお嬢さんは「あと30分なんだけど・・・」「ねぇ・・あと20分なんだけどあれだけ?」と0時を超えてから10分おきにずっと呟いていた。


そしてカウコンはついにラスボスを迎える。
パトカーに乗って黒柳さんの登場だ。
パトカーをタクシー代わりに使うという社会問題をものともせずやってきた。
紅白からやってきたとのことだったが5人乗りなのでいっそごおきゅんと健ちゃんも乗せてきて欲しかった。
羊年79年組の夢さようなら。

このくだりは長いので割愛するが「徹子のドーム」と「カーテンのようなドレス」というきんきの名言は記しておく。


カウコンも佳境を迎え
ヒガシはカッちゃんにツッコみ、カッちゃんは小ボケをかます。
マッチを無駄に持ち上げるところに加担しない姿勢がいっそ気持ちいい。
少年隊が2人しか出ていない闇に加えて先輩との闇も見た気がする。


そして更にここでため息を誘う演出。
いいかげんブルゾンの全員強制装着である。

もう笑うしかない。

奇跡を待つより捨て身の努力。
そんな葛城ミサトの言葉が脳裏をよぎる。

気づいたらセクゾとえびはいなくなっていた。


いいかげん
Baby Rose


最後の1曲までマッチ曲でカウコンは終わった。
カウコン後によくみかけた意見だが
そう、ジャニーズも会社員なのだ。
会社の方針には従うしかないのだ。



忘新年会幹事をつとめる中間管理職きんききっずが愛しい。
「どっちつく?」とぶっこまれつつも
滝つと4ショット、居酒屋前でよく見かける二次会行く前のちょっと一息のダベり感。


希望すれば営業1課と2課に異動も可能なのだろうが
どちらかに移ればノルマはキツく残業も多く
しかし成績次第ではやりがいのあるプロジェクトに関われる。
同時にしがらみも多く生まれる訳だが。


人事課にも精通している総務課兼秘書課兼任、
エリートっぷり放つきんききっずが最後まで各グループの退出を見送った。


きんきヲタには安定のきんききっずのぶっこみも最後まで見られて、
合間のMCも互いの言葉をよく拾いコンビっぷりを発揮していた為楽しめたが他のファンはどうだっただろう。
最後に肩を落として出ていった隣のコの切ない笑顔が忘れられない。





誤解してほしくないのだがマッチを責めるつもりはない。
マッチが悪いとは言いきるわけではない。


しかしこれはジャニーズカウントダウンコンサートであることはわかっているはず。
このセトリ見た時点で年長者としての配慮はすべきなのだ。
貴方の記念カウントダウンにするわねと言われても配慮すべきなのだ。
なんのアナウンスもなく例年通りのカウコンを期待してきた人達へ必要なのは恐縮する気持ちではなく年長者としての配慮だ。



井の中の蛙っぷりを見せてしまったことで同時に彼は大きなリスクも背負ってしまった。
この流れは「マッチさん」というオモシロを提供してしまうことになりかねない。
その大きな危険もはらんでいることに気づいているだろうか。


すでに反面教師になってしまい、ある種のネタになってしまっているのだ。
今後、同様の事案が発生した場合

「マッチかよw」

という使い勝手の良いツッコミフレーズを提供してしまったのだ。




そこをとても心配してしまう。
会社側の方針、制作の意図に従ったのだとしても「あの人空気読めない」というレッテルを貼られてしまったのだ。
そこに従うしかない権力すら感じさせることが必要だったのか。
そこのリスクは避けるべきだったのではないだろうか。
会社が避けてあげるべきではないのか。
そこに気づかなければいけないのではないのか。


確かに50歳であのビジュアルのクオリティを保っているのはすごいと思う。
しかし東山も48歳。
一線で活躍するSMAP2TOPも42歳。
堂本光一・森田剛・堂本剛・三宅健の羊年組も今年36歳である。
50歳にはこれくらいのクオリティは保てているのではないかと思えるのだ。


「いいかげん」にやってここまでやってきて好きなことをして
トップを走り慕われてる兄貴分という設定になっているが
葛藤が無かったわけではないだろう。
努力してこなかった訳じゃないだろう。
アイドル時代にいろんなことやらされてきたことも知ってる。
トシちゃんという人もそこにいてイイ事ばかりではなかったことも沢山あっただろう。
愚か者を受賞した時の涙も知っている。


しかしそれを知らない大多数の後輩ファンの前、
あの場でマッチのことを好きになった人は増えただろうか。
マッチの魅力の見せ方を間違っていないか。


「私はその時代を知らないけどすごい先輩なんだからしょうがないよ」と思っている人に
知っている世代から言いたい。
しょうがないことではなかった。




後輩同様、
背中を見ていたい、カッコイイ先輩であって欲しいという祈りはファンも同様なのである。



私は祈りたい。
マッチさん
どうか彼の今後に幸あらんことを。















注:思ったままを書きましたが世の中にはいろんな思い・意見がございます。
これ書いてる人はなにもわかってないなと想われたとしても仕方のないことですが
憤りを感じましてもただこの人はこう想ったんだなというレベルでご理解・放置してください。
知らないなら・・・・わかってないから教えてあげようという優しさも現時点では謹んで御遠慮申し上げます。
(他タレントのこと書く時これが一番怖いんです。 これから知る楽しみも奪われるかもしれないし。
特に後輩は先入観無しに見える部分でこれから知っていきたいし。
しかしなんでミッドナイトシャッフルなかったんですかね・・・・MOTTOもなかったんですかね・・・
あれならみんなで出来たのに・・・・なんてなんかちょっと惜しい気持ちも)
posted by . at 21:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。