2014年10月28日

夢幻の光


そういえば前回の更新でSHOCKネタを近いうちにと言ってまして忘れてました←
JUMPには13月よりも31日を探して欲しいパティですこんにちは。



さて、おもむろに話しはじめますが
以前から想っていたことがあります。
それは光一さんの署名(サイン)のこと。






こんなにも左右対称の名前のサイン。
ファンならば目にしたことがあると思います。
私が以前からそのサインに受ける印象、いやむしろ影響と言った方が正しいかもしれない・・・
こんな感覚について検証してみました。


まずはあらためて集めてみたサインをご覧ください。







サイン.png




このなんと申しますか・・・
へたくs・・・
もとい自由奔放な字。



「堂」の冠部のワの元気良さ。
この三本毛のオバQのヅラは元気にかぶってみる。


どう.png
(堂の中の部首の口がまたオバQの口っぽいし)







「本」はほっそりスマートに。スマート本・・・・(って、やかましいわ)
でもよくよく見るとイーゼルにも見えてくる不思議文字。




もと.png
(これが成立してしまうと絵を描くオバQの図で堂本と読めることに)







光は後述するとして一は最後の大切な締めのはずなのにやはりどこか自由きまま。



いち.png
(女性誌的煽りでごまかす)







そんな流れで元気よく書き出したものの最後の一で飽きるといった風情のサインをしたためる光一さん。



中でも注目すべきは「光」
「光」です。





この光、じーーーっと見てるとある瞬間を想いだしませんか。
この一筆書きに近い「光」がダンスしているように見えてきませんか。


ようするに私にはこの「光」がこう見える。






ひかりっ.png



夢幻のダンスの一瞬にこの文字が現れてしまうのです。



ひと昔前、芸人TIMの一発芸に命というのがありましたが
こーちゃんが光に見えてしまうのです。
こーちゃん自身が書いた名前の光に見えるのです。







いのち.png




むげんのひかり.png









夢幻のダンス、この飛び跳ねる瞬間につい心の中でそっと「ひかりっ!」と言ってしまうのです。
感動に打ち震えながらも「光っ!」と言ってしまうのです。






・・・・・。



えっと・・・
ま、まさに光ちゃんの煌めきがあのダンスに詰まっているのだと実感できる瞬間ですね・・・・!!!!
世に言う「光」ではなく光ちゃんにしか書けない光だからこそ光輝く・・・まさに光ちゃんの描く光なのです・・・!!
(無理やりイイ話しに持っていこうとしている)




でもこれを一度意識してみると
確実にこのこーちゃんの書く「光」に見けること請け合い。
夢幻をご覧になる時に一度お試しください。







posted by . at 01:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。