2014年04月19日

2013年12月おりらじトークライブ/ふじもりくんのこぎりの天の声裏話の文字起こし。



昨年12月のオリラジのトークライブがよしもと見ホーダイサイトで
4/17にやっと公開になったので文字起こししてみました。
(私は会員なんですが月額1008円かかるのであらためてそこだけ見るにはちょっとお高いしねぇ)



小喜利の天の声を務めたお話。




藤森「俺、堂本剛さんのライブにさ、行きましたけど」

中田「あ。なんか大喜利ライブやってんでしょ?」

藤森「あの人すごいね!」

中田「んー。」

藤森「あの・・・きんききっずのね堂本剛さんが歌とかダンスとか一切無しの大喜利をひとりで
   2時間半やる。というイベントがあって毎回それは進行とお題を出す役として芸人がね
   出て行くんですけども。その天の声で僕いかせてもらいましたけど。」

中田「へぇ。」

藤森「まぁ・・・正直ね、行く前は、あの・・・えー?っつって。堂本さんが大喜利でー?って。」

中田「まぁ・・芸人でも独りで大喜利ライブやるっていったらえー?!って思うもんな。」

藤森「無茶でしょー!!!」

中田「ちょっとストイック過ぎません?!って思うよね。」


藤森「マジっすかー?!とか思いながら行ったんだけどー。いや・・めちゃくちゃ面白くて。」

中田「へぇ。」

藤森「あと、すごいいい人だったね。新堂本兄弟以来じゃない?会ったの。」

中田「あ、そう。」

藤森「一回出たじゃん俺ら。コンビで。」

中田「むかーし?」

藤森「むかーし。デビューしたての時。」

中田「あ。そうだねぇ。」

藤森「一問一答とかやって。」

中田「そうそうそう。なんかほんと若かったよなあん時な。」

藤森「以来だったけど。なんかもうすごかったね。本番30分前くらいに来て頂いていいですかって
   言われて剛さんと二人で話して。


〜回想開始(膝に手おいて神妙に相談ぽく座る仕草でやりとり再現してみる藤森くん)


(剛)「どんな感じで今日いきましょうか。」
藤森「じゃあ・・・僕はいつも通り最初こういう感じで出ますわ(チャラピース出す)」
(剛)「あ、はい、わかりました」
藤森「でも途中ちょっと僕もたないんで落ち込んでくると思います・・・」
(剛)「そしたらなんかキャラにないですねみたいなことを僕言いますわ」


〜回想から戻り雰囲気を伝える藤森

藤森「って結構組んでさ打ち合わせして」

〜回想続く

(剛)「最初僕のほうが年上なんで・・・ちょっとタメ口できてて・・」
藤森「年聞いた瞬間に敬語になりましょうか」


〜回想終わりつつどちらも真面目なやりとりに自ら笑いつつ

藤森「とかそういう細かい打ち合わせをしながらwwww」



藤森「独りで2時間半、40問くらい答えて。お客さんもね最初はとまどうんだよねやっぱね」

中田「何人くらいいんの?」

藤森「1400人。」

中田「・・・!!!
   す、げえな!!!!ダイナマイト関西みたいなの?!!なに独りでダイナマイト関西やってんの?!
   すごいね?!」

藤森「1400人。7000円チケット。」

中田「ななせんえん!」

藤森「それが5公演です!」(指拡げて手で5出す)

中田「ごこうえん!!」

藤森「完売!即ソールドアウト!」

中田「くぅーー!!!」(軽く身体折り曲げる驚き)

藤森「興業としても大成功です・・だってさ音楽じゃないからハデな演出もいらないしセットもいらないから。」

中田「そうかー!!それすごいよな!!」


藤森「芸人が大喜利やるっていってもまずそんな入んないでしょ?」

中田「入んないよねー!!」

藤森「だからといってアイドルだからといってそこにさ甘んじてとりあえずなんかやっときゃお客さん
   入るでしょとかじゃなくって。もうね・・・5分とか沈黙して考える時とかもあんの。」

中田「へぇー」

藤森「そういうのとかもちゃんとお客様は見てんだけど・・・不思議でしたねー。」

中田「面白いね!なんかジャニーズという入口から入ってそれからいろんなところにさ・・・
   俺こっちかもしんないとか俺はこっちだわって分かれていく姿って見てても面白いよね。
   そっち行くんだ・・・みたいな。あれ?そういう方向行くんだみたいな。
   ドラマに行く人、バラエティにいく人、みたいなね、分かれるし。その中でも細分化していくじゃん。
   そういう役やるんだとかさ。お笑いもそうだもんね。」

藤森「まあね。」

中田「どういう人間になるかってそれぞれで分かってくるもんな少しずつな」

藤森「細分化していったらね。・・・でもすごい孤独な感じはしたんです。」

中田「なんかさー、やっぱ孤独な匂いするよね。剛さんてね。」

藤森「なんか戦っている雰囲気はしたんです。結構なんか寂しそうな孤独な。小喜利の私っていうねライブ。」

中田「それも謙虚にねぇ、大喜利じゃなくて小喜利って・・・」

藤森「やっぱ凄かったねお客さんの熱気もすごかったしね」

中田「いい体験しましたね」

藤森「いい体験しましたよほんと。」




そんな話をしてくれてました。

それと藤森くんはずっとつよしのマニキュアが気になったみたいです。



藤森「あの・・マニキュア・・・」

中田「え?」

藤森「してるじゃない?」

中田「そうなんすか?」

藤森「つよしさんといえば黒いマニキュアをずっとやってるんですよ」

中田「へぇ。」

藤森「あれがね、こう答え出す時にちょっと気になる・・・」(回答フリップ出す真似をしながら)

中田「それはもうファンは気にならないだろwwwあ、黒いってならないだろ今更www」


中田さんにたしなめられてたけど
なんか黒い点々が手に見えるのが気になってたらしいww


しかしなんかもう藤森くんもつよしも真面目w
かわいいww
且つ闘ってる雰囲気とか孤独で寂しい感じとか
見てる人は見てるなと思いました。


藤森くんがまたいつか天の声やってくれるといいね。







.

posted by . at 13:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする