2013年06月27日

最近読んだ本



【あらすじ】
眉目秀麗、文武両道。
誰にでも好かれる優しさを持ち、その才覚で
「ジェントルマン」の名を欲しいままにしている青年、坂井漱太郎。
高校時代から、そんな彼の姿をどこか冷ややかに見つめてた同級生の夢生。

しかし、ある嵐の日、教室に忘れ物を取りに帰った夢生は、
漱太郎の美しくも残酷な本性を目撃することになる。
それは、紳士の姿に隠された、恐ろしき犯罪者の貌だった――。

完璧な男の裏にある、道徳の汚れ。
その背徳にすっかり魅せられてしまった夢生は、
以来、漱太郎が犯す秘められた罪を知るただひとりの存在として、彼を愛し守り抜くと誓うのだが……。

 ままならない恋の究極、生と性の残酷さを描ききる、
驚愕のピカレスク長篇小説。





・・・・というのが公式のあらすじなのですが。



このあらすじがしっくりこない。



この作品の表紙をめくらせる為に並べられたこのあらすじの宣伝文句達が
読めば読むほどしっくりこない。
期待はずれな落胆ではなく、まったく受け止め方が異なった読後感に驚いた。

このあらすじを見てなんとなく避けていた今日までの時間を少しもったいなく感じた。
もっと早く読めば良かった。



高校時代、夢生は冷ややかに見つめていただろうか。
夢生が瀬太郎に傾けた想いや行為は恋の究極なのだろうか。
生と性の惨酷さを描いての物語だろうか。
ピカレスク小説といいきるのか?


どれもしっくりこない。



正直まったくオススメはしません。

瀬太郎は非道の限りを尽くし、非道徳であり
動物虐待の語りもある。
嫌悪感しか生まれない人もいると思う。
性描写が苦手な人にもオススメできない。



でも山田詠美さんはやっぱり日本語の並びが変わらず綺麗でとても読みやすい、
かつ、読み手にときめきを残す技を心得ていると想う。

概要だけが先走りしようとも
読めば安易に下世話と笑わせない純文学たる気持ちよさがそこにはあって
ラストまで読み進めることが出来る。
伏線の小道具がラストで使われるのがすごく自然だし印象的。

綺麗な日本語だからふいの言葉に胸の奥まで切なさが届いて溢れる。



ラストは昭和初期のとある事件を当然思い起こす訳で。
冒頭でかのアーティストのイメージを持ってきた比較的軽やかな導入が
ラストでじんわりと効いて生臭さが軽減している。
驚愕とは言い切れない、ある意味ベタといえばベタなラスト。
これでいいと想う人とこれでいいのかと思う人に分かれるだろう。


この世界で夢生だけに与えられた選択だと想うし
なにかが叶えられた納得もそこにはあって。


瀬太郎、夢生に出逢えてよかったね
ってやっぱり思った。


読んで尚、
時間が経過すればするほどに
ラストそのものよりも登場人物全員のここに至るまでの
もどかしさやそこに横たわる個々の願いや祈りについてすごく考え込んでしまった。


そして

この物語はフィクションです
と、想うことが一番私を救った。




.

posted by . at 01:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

しれっと水曜日深夜に火曜日日付で更新する日記。



こーちゃんがやまだすにおたんびおめでとうメールを送り
ご飯に連れていったことが発覚した火曜日。

やまだすによるとこういちのいきつけの店に行ったと。





【想像してみよう】


こういち「やまだ、なにが食べたい?」

やまだす「こーいちさんと一緒ならなんでも美味しいです!!」

こういち「んじゃ、おれの行きつけの店でいい?」






なんていう会話があったとしたら




こーいちwww

いきつけwww

いきつけとか言っちゃってるwwww

こーいちのくせにwww

こーいちがww

やまだすの為にww

やまだすww

信じたのww

それとも察したやさしさなのwww







とか





笑ってしまってごめんなさい。
今、全力で床におでこをこすりつけながら謝っています(ブリッジで)







こういちの行きつけの店なんて道具屋と宿屋しかないだろと思ってた。






その行きつけとやらで何時まで呑んだんだろう。
何人で行ったんだろう。
今までの流れを見ててもやまだすはふたりきりのが良かったんじゃないかと思うから
ふたりきりだったのかも。

そこで帰り際に

「今夜は帰りたくないです・・・」

というか

「今夜は帰したくないです・・・」

というか



どちらかで、私の中でやまだすのなにかがはじける。






いや、はじけなくていいから。
はじけていいのはつよしのジッパーとこういちのシャツだけだから。






死んでもいい、とまでのたまったやまだすの強火っぷり。
この事実が発覚したのは前述した通り火曜日でしたが
ついった見てる彼にも届いたでしょうか。









・・・・。









生きて。
やまだす。
むしろ生きて。
早まるなやまだす。
生きろ。そなたは美しい。(アシタカ)







.

posted by . at 00:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

しれっと水曜日深夜に月曜日日付で更新する兄弟感想。




つよしがかんぴょうでこーちゃんにお仕置きするなら「ひとりでかんぴょう買って来い」って買いに行かせて後をつける。
こーちゃんがかんぴょうでつよしにお仕置きするなら干瓢って漢字読ませて「ほしひょううり?」とか言わせるのいいと想う。



という干瓢プレイも考えたんです。

 


漢字に弱いつよしというのも私の中で静かなブームを呼んでいましてね。
あの人、自分の興味のあることには造詣が深いのにどうでもいいことはどうでもいい
というわかりやすいAB型気質がここにきてたまらなくいい。




余談ですが今、この文章を書いていてかんぴょうって字を覚えました。
干 票瓜って書けばいいのね。
読めるけどいざ書けと言われると書けない漢字ですよね。干瓢。




まさに深夜番組的な展開の今回の兄弟。

グラビア講座は興味深いものだったけどソフトクリーム食べさせたりのくだりはちょっとイきすぎた感も否めなかったかな。

ソフトクリームのくだりでは難易度Zですって答えた檀蜜。



今までにやられつくされてるネタであり、
その意図が稚拙で安易、
かつ求められてる展開が見え隠れするからこそ難しいんだろな。



まったく関係ないものを手渡して
これで官能を・・・!とお願いしても檀蜜なら返せた気がするし
たかみなもうまく逃げられた気がする。




ソフトクリームといえば
いつかのコンMCでソフトクリーム食べたいと言いだしたこーちゃんにソフトクリームあげたら

「そんなたいそうな!」

と驚いた話がありましたが(ちょっと食べたかっただけだったのに一本丸々出てきてびっくりこーちゃんが可愛かった)
これはある意味ものすごく使える返しだと想うので檀蜜さんに教えてあげたかったな。



そんなたいそうな!!
いまさらこれ違う意味でじわじわくるw
エロくもなるおもしろさだったのなw





そして。
檀蜜様がつよしに向かってM字開脚した時には


つよしがM字開脚好きなのバレタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


などと思ってしまった。









つよしさんはこういうのお好きでしょという檀蜜の分析。
今度でんじゃぞーんで、こういうのつよし好きなんだよなとか思いながら足開くことがあるのかと思うと胸熱。

あくまでも男性目線の一般論としてな。
と補足しておこう(よし!完璧!)





そんなことがあるのかないのかその可能性を持たせ、
その陰を彼と彼に(彼らではなくそれぞれに)そして見ているこちらにも落としたのが檀蜜の罪。

飛び立つ妄想。
羽ばたく禁忌の翼。





これはもうある意味お仕置き。
そうかもしれない。そんな緊迫に囚われる罠。




檀蜜様にそっと家政婦は見た的にのぞかれて

私のお仕置きはいかがでしたか
と言われたい。




.

posted by . at 00:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

なにを隠そう




 





なにを 隠そう
君がため
なにを 隠そう
僕がため







愛し君
愛らしき
忘れじの君







何を隠せば
語るに足るる我が心






なにを 隠そう
君がため
なにを 隠そう
僕がため








―――また逢ったらの間隔がバレやしないか
―――仕事で逢ったとつけておこうか
―――「だよ」と語尾を変えておこうか
―――「くん」をつけて距離をおこうか






 



なにを 隠そう
君がため
なにを 隠そう
僕がため





愛し君
愛らしき
忘れじの君







―――アイドルらしくないアイドルとあえてみんなにわからせてしまおうか
―――ふたりきりではなかったことにしてしまおうか
―――「さん」をつけて距離をおいてしまおうか
―――いつかまた、必ずいつか見せてあげる。この気持ちはどこにしまってしまおうか







愛し君
愛らしき
忘れじの君




なにを 隠そう
君がため
なにを 隠そう
僕がため











−−−君想う我は 隠せずに








隠しているがごとく
隠せているがごとく


隠し、隠し 
綴り、綴り、







なにを隠そう彼の人はと 
人問わずとも 
愛しい愛しい君の名を







星、仰ぎ見るたびに君想う
星、仰ぎ見るたびに君想う







.

posted by . at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする