2012年01月12日

1/6発売おりすた&おりすたBlog




見ましたか。
1/6おりすた。
見ましたか。
おりすたBlog。


見ましたか。
見ましたか。
見ましたか。




 

―――「目の前に人がいるんだったらこうなっちゃうよ」
―――とコーヒーカップを持ったまま下を向いちゃうこういちさん。
―――どうも恥ずかしいらしいです。






 

かーーーーわーーーーーいーーーーんじゃーーーーーー!!!!

ドンガラガッシャーーーン!!

ドカバキグシャ・・・!!!


くっそーーーーーーーー!!!!


なんなんだこの33歳・・・!!

可愛い・・・!!





 


目も半開きで入ってきたくせに写真を撮れば
この仕上がりっぷりの可憐さ。



そこは結婚式場の十字架の前、ポッケに親指いれる定番のスタイルで隣の不在を感じさせる位置で人待ち顔してみたり

そもそも見開きの表紙からなんでそんな





手の甲隠れてる萌え袖なんだよ・・・・!!





 

ちきしょうっ
かわいいっ


真っ白のお花に囲まれてもその真ん中に咲いてるお花ちゃんが一番可憐だし
足細いし、ショーシブーツイン下煽りで足長め勘違いな眺め演出だし
座れば斜めってシナつくってしなやかな目線でこっち見やがって



 

なによりなによりどれ見ても




綺麗な鎖骨しやがって・・・・!!!


このやろぉっ



このやろーーーーーーーめがーーーーーーー!!!

はぁはぁはぁ・・・・

しまいにゃ
カフェで向かい合う設定なんて






 

ちょ・・・・
こっち見んな・・・・
こっちが恥ずかしいからこっち見んなばかーーーーーーー!!!!




 

・・・・と






まんまとオリスタ様の罠に堕ちた私を笑うがいいさ!!!
あはははははは!!!!






 

はぁ・・・・
萌え疲れた・・・。

もういっそ
「誰かが目の前にいる感じで」じゃなくて
「つよしくんが目の前にいる感じで」ってリクエストしてくれたらいいのにとか思ったが
それまで男同志のお見合いみたいとか覗くんじゃね〜とかガヤガヤできてたのにそう言われて
ふいにうつむくとは





おや?

まさかその誰か、
意図するまでも無く、あらやだ


その誰か・・・


きっちり好きな人で想像しやがったか?!


人前で見つめあえない恥ずかしさ出しちゃったか?!







あーもー
やだやだ。



いっそそのうつむいちゃったこーいちくんも載せてくれてもいいんだよ・・・・?




だってそれ、素じゃん?!
素のこーちゃんじゃん?!



うつむいちゃったらうつむいちゃったでそれをどうこっち向かせるかが策士の腕の見せどころだぜ・・・?


うひょー!!
なんつってな!!

別に何もしなくてもつよしなら
ふいに「あ。」とか言うだけでたぶんそっち向いちゃうけどな。







人前だと警戒しすぎてドツボにハマるタイプだから。







 

滾ったところで
さて。





インタでは変わったと言われて

「変わってね〜よ!」
と返してたこーちゃんのお話。

私も変わったと思うけどな・・・。

もちろん判を押したように同じようなこともあるけれどやっぱり変化はあると思う。





先日のアンラキでもあんなにスッと「愛してる」なんて、「愛」なんて・・・スルリと出るなんて思ってなかった。
韓国でも「愛してる」はもうひとりがいってればいいのって言ってたけどそれすらもするりとかわしたようでいてとても奥深い。


あれだけ「愛してる」「愛してる」と言われればな。
繰り返し繰り返し長い年月をかけて囁かれてそれを見て聞いて


愛してる愛してると繰り返すつよしの愛も少なからず「変化」に繋がってると思う。


一昨年の札幌きんきコンでも剛につづいて「愛」を・・・なんてきっと誰もが思っていなかった言葉が出た。
たまにはこういうことも言ってもいいのかなと思えるようになったというように綴るこーちゃんにすごく満足げで誇らしげなつよしが忘れられない。
そんな時もどんな時も「いいと思いますよ」とつよしはいつも背中を押してくれる。






たくさんの愛に包まれてなお奢らず、想いやり、自らを律し、
それでいてかたくなで。
愛らしい。




それは広い意味での人の愛としてのね、
そのかたくなな中にも滲みでるなにかをね、
力強く温かい血と共に体内に流れてるなにかをね。
とってもとっても深い深い情愛をこうちゃんは持っているからこそのね。
オリスタさんもそれを変化として嬉しく受け止めて私達に伝えてくれているのだし。





この記事、
前述のビジュアルもちろんだけども一番嬉しかったこと、
オリスタさんになんて愛されているんだろうってことがとても嬉しかったんだ。
それがわかるほどにオリスタさんはきんきを愛してくださっているのだと。





神誌、オリスタ。
ありがとう。





コンレポ描こうと思ってるけど今週のオリスタ待ちなんです。
描いても写真で出るなら別にいらんのかなと思うし。


てなわけでオリスタ様、どうぞよろしくお願いします。
本当にオリスタは神誌。
うさ耳をガン見なんて予告しちゃう時点ですでに神誌認定。

どこにでもきんきのいる所どこにでも出没してくれるきめ細やかなサポート力。
なにか起きたら図書委員もすぐにオリスタ様は入っていらっしゃったかしらとつぶやくほどの信頼と実績を誇るオリスタ。



どうぞ本年もよろしくお願いいたします。





迷子の理由がわかったのなら
常につよしと一緒でお願いします。







.

posted by . at 03:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする