2011年02月09日

靴下と八つ橋の日々。




 

帝劇にはきっとあの伝説の妖怪がいるんだ・・・
乾きかける白靴下を夜な夜な舐めて濡らしつづけるという・・・






あの伝説の妖怪、白靴下ぬらしが・・・・・










そうでなければ初日を最初で最後にそこから5公演も黒靴下なんてことはありえないっ・・・い・・・ぃ・・・ぃ・・・←エコー




(白靴下のこーいちなんて、そんなかわいい姿をそう簡単にみせてたまるかという人が送りこんだ靴下刺客かもしれません。それはありえる。)





しかし
私は負けない。




私は待つ。
白靴下を・・・・!!





めげずにまだ続けていきます靴下データ。
ご協力おねがいいたします。

靴下データが一番上になりますので
千秋楽までの最新日記はこのように2つめのエントリになります。
よろしくお願いいたします。






さて。
昨夜八つ橋という呼び名で定着しつつあるTIMEがどヤにて一部披露されましたね。

八つ橋って何?というところをご説明いたします。
TIMEが八つ橋と呼ばれるゆえんは携帯でTIMEと打つと日本語としての変換候補に「八つ橋」が出るからなのです。
日本語で「や・つ・は・し」と打つのと英語で「T・I・M・E」と打つ動作がまったく同じということなのです。




 

これを逆利用するという手もありますよね。





例えば
知り合いが京都旅行に出かけて
「京都土産何がいい?」
とメールで訊かれたとします。

そんな時こそ、この技です。


英語変換に切り替え、TIMEと打って変換候補として出てくる八つ橋を選ぶ。

そして送信。


 

京都にいる人へ届くお土産リクエスト「八つ橋」
生と打ってからTIMEと打てば
ほら、簡単に生八つ橋にもなります♪




 

まさか送信された側はそれがTIMEと打たれているとは知る由もありません。


大好きなKinKiの新曲タイトルを打つだけで美味しい和菓子が手に入ります。



そんなひそかな楽しみをどうぞ。


残念ことがひとつあるとしたら


めったに使う機会ねーよ





ということでしょうか。
そうだ京都行こう。
そんな知り合いをまず見つけることが先決ですね。
余談ですが好きですナマTIME。
ここの意味は食べ物の意味です。
ややこしいですね。







 


昨日披露されたTIME。
ここの意味は楽曲の意味です。ややこしいですね。

もうこの一言につきます。










いい・・・・!!!









光ちゃんがあんなにも新曲に惚れこんでいたのがよくわかった。

光一が熱弁する度にそんなにハードルあげていいのかよと若干心配していたが杞憂だった。
むしろこんなにも杞憂だったとはという衝撃。


思慮深い光一のことだ。

むしろあれでも遠慮していたのではないかとすら思う。






ftrの声がぼこっとハマってという意味も
ずぅぼぉーーとハマるという意味も
大音量で聴いてという意味も
わかったというよりも総身を貫ぬかれ想い知らされた。


たった2分にも満たない音だけなのに。






早くフルで聴きたい・・・・!!
コンサート行きたい!!
ナマで聴きたい!!
ナマで見たい。
コンサートやってくれ・・・・!!








あぁ・・・・・






早く冬になればいいのに。






 






(今、冬ですよ?というツッコミは無視の方向で)


しかし
もしもこれが30枚目のタイミングだったらこの冬のツアーは
八つ橋コンと呼ばれていたのではないかと思うとFamilyで良かったのかもしれません。





 

冬になればいいのにと言いましたが
春に発売と伝えられている今は春が待ち遠しく。






いつだろう。
早く聴きたい。




これがフルで聴けたら・・・
どれだけ打ち震えることだろう。





何度も何度も聴きました。

どヤ本編も何度も何度も聴きました。


ここ↓




つよし「知れば知るほど面白い人です、僕からすると。
    だから光一君の面白いところというのは(略)随時お伝えしようと思いますけど。」




聞きましたかこの、







のろけたうえにこれからものろけます宣言。







 

うふふふ・・・
あははは・・・
このラジオは春だよ・・・・。
すっかり春だったよ・・・・
お花畑だよ・・・・
うふふふふ・・・・
あははははは・・・・・

.
posted by . at 00:35| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする