2010年10月04日

金太郎本光一in福岡


 

光一「YOUたち、でてきちゃいなよ。」



そんな呼び込みで出てきちゃったMA/MADとの10/3の大MC。
福田がぴあ撮影用オフィシャル赤ゼッケンをつけてカメラを持ってでてきました。



そんなアイテム見ちゃったらもうその瞬間光にゃんの目、キラリ。
あーーーー。
それ、恰好のねこじゃらし。


光一「おれがとるー。それ。」


はい。
そうなると思いました。

カメラにだけロックオンしていた光一でしたがそのカメラはぴあ撮影用のオフィシャルカメラ。(次回のぴあは要チェックだze)

よってオフィシャルの赤ゼッケンをつけなければなりません。

 ↓ ちなみに赤い生地に白文字で「OFFICIAL」と抜いてあるこんなゼッケンだ。
   上からかぶって紐を脇腹で縛るタイプのヤツだ。
   構造は簡単である。



OFFICIAL.jpg

「オフィシャルですからこれ」
「光一君でもおなじです。」
「おなじです。」


みんなに言い聞かされ
福田がはずしたゼッケンを渡された光一、着る。もとい、着ようとしてみる。


 

が。


着られない。



 


まるでお約束のごとく。
そんな姿にこーいちさんったらとばかりにMA/MADによってたかって着せられる。


yottetakatte.jpg




着せてみた瞬間、MAとMADはなにかに似ているそのかわいらしさに気づいた。






kintaro51.jpg



 

「きんたろう・・・!!」


「よっ!きんたろう!」
「きんたろう本光一!」





汗を拭いたタオルを肩にかけ、まさかりの代わりにカメラを持った
きんたろう本光一の完成だ。






会場からかわいいいーーーの歓声。
私もかわいいいいーーー・・・・!!と悶えるしかなかった。




 

ちゃんと着られて“待て”の姿勢から”撮ってよし”となりました。
猫か。でもそんな感じだ。




会場にカメラを向けて「いいモデルいねーなー」と毒づいて
米花にイエローカードをくらったりしていた。(米花さんはどこから調達したのかこの日から黄色いカードを用意していた。)
警告1である。っつか米さん、容赦ない。





 

さんざんカメラ構えてファインダー越しに見ていたくせにしばらくしてふいに
「なんでズームができねぇんだよ・・・」とぼやく。

え?今ですか?それを今ですか。



 

福田がすぐに寄ってきてズームを教えてくれました。
福田が教えてくれた通りにやるとカメラのレンズが伸びました。

光一「うぉーーーい!」
福田が教えてくれた通りに元に戻すとカメラのレンズが縮みました。
光一「うぉーーーい!」

どうやらそれが楽しいらしい。
それに気づいた福田、レンズ伸ばす、縮めるを繰り返す光一に同調。

福田・光一「うぉーーーい!」
福田・光一「うぇーーーい!」
福田・光一「うぇーーーい!」






阿呆ふたり。





しばらく遊んでいましたがやはり光一君を入れて撮りましょということでカメラマンは松崎にバトンタッチ。
オフィシャルゼッケンは容赦なく脱がされ、松崎に渡りました。

撮られるなら
明星の撮影風にやる!とMAとMADに囲まれて片手ガッツポーズかかげて飛んでみてアイドル全開に頑張ってみる光一。
これ、客席を後ろに撮っていたので表情がわからなかった。ぴあ期待。頼む載せてくれ。頼む。





しばらく撮られる側に回っていたが
また撮りたくなって松崎から再びカメラを貰った時、やはりゼッケンの存在は忘れていて全員に注意を受ける。





 

「光一君、撮っちゃダメですよ。」
「これしないと」
「光一君ダメですよ。」
「これつけなきゃ。」




 

そしてまた松崎にカメラが渡り、またまた光一が撮る時の3回目にカメラを手にした時には
ちゃんとカメラとセットでゼッケンを欲しがることが出来ました。ちゃんとひとりで着れました。




 

数十分でまたひとつ成長した光一の頭上には
慈愛に満ちた一言が降ってきました。




「覚えましたね。」



 

米花様、謹んでご報告よろしくお願いいたします。






そしてわかった。
ありがとうMA、そしてMAD。
これは



なんという愛されハーレム。



出来るならこの安心感ごと伝えたい。見せたい。
是非にこの6人をキンキコンによろしくお願いします。






 


.


 



posted by . at 23:15| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。