2010年05月16日

スカーレットピンパーネル

 
 


Endless SHOCKが菊田一夫演劇賞を受賞したのは2007年。
その翌年の同賞受賞作は何であったかご存知ですか?

 
 
それは宝塚星組・スカーレット・ピンパーネル。



 

その再演となる月組公演スカーレットピンパーネルを見てきました。
宝塚については劇場に行ったのも2度目ですし深いところまでは詳しくないので知ってる範囲での感想なので
ものすごく詳しい方は読んでも見逃してやる方向でお願いします。
名前は変換するのがめんどくさいので愛称で。
長いので畳みます。




 

■■■あらすじ■■■


陽気なイギリス貴族・パーシーは、フランス女優のマルグリットと結婚するが、
二人には互いに言えぬ秘密があった。

実はパーシーは秘密結社のリーダー“スカーレット・ピンパーネル”として
フランスの革命政府によって捕らえられた無実の人々を救出していたのだ。

一方、革命政府のショーヴランは、秘密結社壊滅のため、かつて恋人だったマルグリットに近づく・・・。
    
正義か愛か。三人の駆け引きが始まる――。

 






.

続きを読む


posted by . at 23:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。