2010年05月16日

スカーレットピンパーネル

 
 


Endless SHOCKが菊田一夫演劇賞を受賞したのは2007年。
その翌年の同賞受賞作は何であったかご存知ですか?

 
 
それは宝塚星組・スカーレット・ピンパーネル。



 

その再演となる月組公演スカーレットピンパーネルを見てきました。
宝塚については劇場に行ったのも2度目ですし深いところまでは詳しくないので知ってる範囲での感想なので
ものすごく詳しい方は読んでも見逃してやる方向でお願いします。
名前は変換するのがめんどくさいので愛称で。
長いので畳みます。




 

■■■あらすじ■■■


陽気なイギリス貴族・パーシーは、フランス女優のマルグリットと結婚するが、
二人には互いに言えぬ秘密があった。

実はパーシーは秘密結社のリーダー“スカーレット・ピンパーネル”として
フランスの革命政府によって捕らえられた無実の人々を救出していたのだ。

一方、革命政府のショーヴランは、秘密結社壊滅のため、かつて恋人だったマルグリットに近づく・・・。
    
正義か愛か。三人の駆け引きが始まる――。

 






.

続きを読む


posted by . at 23:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

帰ります。


ただいま大阪空港です。


今回の石舞台旅行
非常に充実した2日間でした。
これが終わったらもう7月Shockまで
旅行することはないはずです。



でも
いつでも飛べる・・
そんな力を蓄えてながら日々を生きているから
いつでも呼んでくれ。




目下の楽しみは
松本隆対談ですね。


いっそ松本隆メドレーとかやっちゃえばいいのにねーって
昨日石舞台会場で出会ったKinKi友と話してました。聴きたいなぁハピグリ。




おっと
搭乗時間だ。




.
posted by . at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幕間30分。


マルグリットぉ・・・
おまえの旦那こそがスカーレットピンパーネルなんだよぉぉ。


そんな幕間。



いやー
名作。


パーシーとマルグリットとショーブラン
それぞれの愛と勇気とせつなさと。

あぁ
萌える。


歌がイイ。
どれもイイ。

物語がわかっていても
わかっているからこそ
その世界に引き込まれるのは歌の力だなぁ。




昨日から耳が喜んでる。
楽しい♪♪♪





.
posted by . at 12:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観劇。

100515_105243.jpg


スカピン見てきまーす!!



posted by . at 10:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石舞台とりあえず感想



私かなり満足なライブでした〜

メンバーが良かったのでアゲ曲ないのは
勿体ない気もするけどセッションのみ30分で
剛の声が聞きたくてやきもきするよりも
バラードきっちり聴かせてくれたほうが全然いいです。
声もすごく良かったし。
語りは内容はまぁともかくずっとしゃべってて歌ってて声をずっと聴けた。
剛の声聴いてる〜って意味では満足度の高いライブになったとおもう。
うん。
楽しかったというより満足したライブでした。


しかしバンドの音良かったことにびっくりしましたわ。
野外なのにクオリティ高かった〜
飛鳥の即興ステージなんて音が空に逃げていくんだろうと思ってて。


野外って音に期待しちゃいけないって思ってるからまた余計に感動するんですよ。


メンバーも大御所で。
ギターが蘭丸でベースが健さんで。


バラード多しの永遠のギター職人蘭丸のなんという無駄づか・・・いや贅沢な使い方!
(腰落として独特にかきならして奏でるのもっと見たかったんだけど)



語りについてはまた改めて。

愛といのちといのちといのちと愛とその他
政治経済、社会もろもろ日本を憂いておられた。

たぶん小沢が聞いてたら参院選出馬要請に土下座しにきたはず。




開始した時は曇り空だったけど徐々に雲がきれて
星がきれいでした。
闇夜に光る一番星も輝いていたよ。

アンコールは無しで
最後は音楽を終わらせようでした。

即興歌詞の光る一つ一つ感じてるよの下りにはそっと萌えさせていただきました。



あ。
眉は細く有りましたよ。髪は下ろして横に流してぺったりと愛らしいテイスト貫いてた。
眉復活でホッとした。
やっぱ眉は人間には必要。



普通の芸能人を好きになったなら
眉が人間に必要か必要じゃないいかなんて考えさせられるなんてこともないだろうにと想ったよ。


コンサート始まってまず全員が眉チェックした面白いコンサートでもありました。
面白かったの、それ。





でも人生一度きり。
眉なしも一度きりでお願いします。




.
posted by . at 01:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。