2009年12月15日

運動会



運動会の話。


始まってみれば
関西と関東でなく
J-REDとJ-WHITEになっており、光一キャプテンが滝キャプテンにすりかえられておりました。


 
きさん、ぼてくりこかすぞ?
 (博多弁)



   
と想いました。
意味はわからなくていいです。
博多の人だけその憤りをわかってもらえばいいです。
熊本弁はあえて避けました。(もっとひどいこと言ってしまいそうで)




 
それはともかくともかくもとにもかくにも
本命の話をします。
そう、大本命、光ちゃんの話です。



  
平成生まれが歌って踊って
カツンが出て騒いで歌って
滝が出てからのこと。


光一は硝子の少年を登場曲に出てきました。
茶色のサラ髪・ミラクルヒップ・真っ赤なユニフォーム・・・・

  

プププっっっ

  
吹いたのはコーヒーではなく鼻血です。


  

基本、ぽてぽてと歩きますがてってってっと走ったりもします。
光一の移動はその速度で音が違うのです。
かわいいです。
その足元は薄汚れたナイキの黒スパイクでした。





  
ちなみに背番号はいつもの51ではなく54でした。
昭和54年生まれだからだそうです。
2人が産声をあげた年です。
その年を見るだけで当たり前に2人を想うこんな数字もいいなと想いました。









  
一番目の競技は野球でした。

解説に槇原と本木が来ました。
始球式はまさかのマー坊@中居でした。



  
この開会式で3塁側ベンチ前に並んでいた光一の姿。
私の位置からは後姿でした。

後ろで手を組み少し傾く体で一番端っこにいました。





ojiichan51undoukai.JPG


ちょっとは動きます。

っつか
揺れます。
















   
  

こんな光一を列全体ではなく双眼鏡でただぼんやりと後姿の光一だけを見ていると
だんだんと感じたのは



ojii51-up.JPG

相方1人・犬1匹と特別養護老人ドームにお住まいの堂本光一さん
当年とって78歳 好きな食べ物はタコ(歯に優しい柔らかなモノ) 










心の中でそんなテロップが流れてきました。
おじぃちゃんなのに可愛いなんて。


少し前に「孫」という曲が売れましたよね。


♪なんでこんなに可愛いのかよ


そんな出だしでした。

私はこのおじいちゃん的たたずまいのほっこり感で「爺」という曲が出されてもやっぱり出だしの歌詞は


♪なんでこんなに可愛いのかよ



と、そのままで良いと想います

本当に不思議な人です。
ひとりぼっちだとこのたたずまいで
時にシャカリキだったり天然キュートだったりするのですから。





 

さて。
いろいろとありすぎますが
寄せ書きウチワに書いてあった言葉を裏付けるエピソードをひとつ。

J-whiteの攻撃。
バッターは中居。

そんなシチュエーションで
J-redの光一は当たり前に守備でファーストを守っていました。


そこで起きたのはそう、ワイドショーでも少し流れた乱闘騒ぎです。

デッドボールを受けた中居にJ-whiteベンチが立ち上がり、
激しく抗議すべくピッチャー内博貴に殴りかかりました。








そんな時、彼はどうしていたのか。


















   

rantou51-3.JPG






 

たぶんヤツの心の中では乱闘盛り上げてるようなイメージ。
絵にすると見にくいので省きましたがたぶんもうちょっと人にまみれてはいました。










 

両手あげて「わーわー」的な群衆を1人でやってる感じでした。
参加せずともなにかそこに報いようとする献身的な頑張りを見た。
泣いた。(面白くて)






光ちゃんは確かに
がんばれ・・・俺!の言葉通りに頑張っていたよというひとつのお話でした。






 

(注:大勢の中にまみれるとキンキ以外はかすんで見えるのでかすんだままの記憶で書きました。
よってこの隣辺りは誰だったんですかとか訊かれてもわからんし知らん。すみません。)

.
posted by . at 02:05| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする