2009年08月28日

水曜日どや


2人最後の夜に流れたのは剛が奏でるTruthと本物のT-Square音源のTruthでした。




剛によるTruthもつよし−Squareってことで
T-Squareには違いない。

自分がうっかり忘れかけてた告知を引き継いだ剛の告知に、その途中でも
「いま、DVDてなんかいいった?」
と聞いちゃう光一に
「4〜5回かな」
とさらりちゃんと答える剛。


正解は4回だったのですが数なんかどうだっていいんです。
いまDVDいっぱい言った!
とばかりに告知のタイミングが切れるのも待たずに
即、質問しかけてみる光一が可愛かったからいいんです。





いかんなー・・・
可愛いからさか幸せだからもういいってことが多すぎるわ最近。

2人が2人でいればもう告知がどうなろうとどうでもいいくらい自由すぎていい。






最後の「帰りましょうか」だって
よくよく考えたら番組なんだから「終わりましょうか」が正しいだろうにそこには誰も言及しない。
いつも「どんなもんやはじめます!」宣言するんだからおわります!だろうに。




でも終わりましょうかって言われたらもう終わるのかよーと思うけど
「帰りましょうか」と言われてると



どうぞどうぞと思ってしまう。




2人どやが終わるの寂しいのに終わっても仕方ないと思えたわ。
なんだその2人魔法。





「帰りましょうか」って、終わったその先にある言葉。
本来ならば電波に乗らない言葉。


天然すぎる光一ばかりがうっかりしたところばかりでツッコミ甲斐のある人だと思われてる感じだけど
深いところで剛さんもけっこううっかりした人だよなー。




   
いつかうっかりと「帰りましょうか」のまたその先の誘い言葉を電波に乗せてくれないか?




 

   

posted by . at 05:24| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする