2009年07月26日

コスメの話。



久しぶりに

コスメの話。
といっても化粧品そのものの話ではない。



   

続きを読む


posted by . at 22:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬。


オリスタ、ラジオその他のカミングアウトでついに公式となりましたね
とことん猫派の光一が犬を飼い始めました。





 
全国に戦慄が走ったこの事実。
私は第一報を薬師寺帰りの新幹線の中で聞いた。
身体は硬直し、白目剥いて驚いた。

トイレ帰りの車内で呆然と立ち尽くした。




しかしその膝を折ったのは光一の命名センス。




 

犬種 チワワ

命名・・・












ぱん








 


死んだよ
この可愛らしい命名にのたうち回って果てたよ
白く燃え尽きたよ・・・・


ぱん・・・・


今まで猫には
うに
ゆず
と名付けて
犬で




ぱん




堂本ぱん










斬新・・・・!!すごいよなこのセンス。
2匹目買うなら米にするそうだ。

パンってブレッドだぞ。
にくきゅうがパンの匂いがするから「ぱん」
このセンス。
ペットの名前は食べ物で2文字がいいってこだわりもわからんがこんな名前、本当に名づけるか。


ごぉきゅんの犬も「モモ」である意味食べ物で2文字の女の子だけどまったく違うわ。
ダメだ・・・こんな光一が好きだ。大好きだ。可愛すぎる。






わんこの気持ちを考えると複雑である。
「ぱん・・・・・・」とぱん自身が前足を匂いながら首を傾けていそうである。





ぱん、諦めろ。
それが光一だ。







パンって日常に用語としてありすぎるだろ
パン焼こうとかパンにはさんでとかそんなやりとりの中にいたらそのたびにぱんちゃんはビクビクすんじゃねーのかと。
光一のくるぶしの後ろ辺りに隠れて「・・・やかれる?!はさまれる?!」ってビクビクしてたらカワイイ。






しかし
チワワんこが毎日光一を迎えているのかと思うと和む。
ものすごい和む。
楽しすぎる。
ぱんちゃんが来てくれてすごく楽しい嬉しい。
ぱんちゃん語りでデレる光一が見れるならソロツアーへの自制なんてもう効かない。怖い。




あやかしジャケにぱんちゃんが映ってしまってるそうなので楽しみにしているのだ。
早く来いパンチラ。





これでまた引きこもりに拍車がかかることだろう。
小型犬飼育で悩んだらすぐそばにいるミニチュアダックスを飼い続けている小型犬マスターに聞くといい。





もう笑うしかないなこいつら。
30歳ここにきて趣味もまったく違う2人についについにプライベートで占める割合の大きな大きな






共通の話題が出来たーーーー!!!








アハハハハハハハハ!!!!
高笑い。
やべぇなー
キンキ生活十数年でこの楽しさ、天井知らず。終わりが見えない。









もうすでに親バカに可愛がってるようだけど賢いチワわんこに育つといいな。






“すごくご機嫌で帰ってくる時は別の犬の移り香がするんだけどまさか別の犬に浮気?!”
そんなジェラシーでぱんちゃんがプンスカ怒りませんように。









     


     

posted by . at 16:43| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VS嵐!


今日は全国で見ることが出来るだろうVS嵐!
祝!ゴールデン昇格!!
嵐番組に関してはこの番組だけが某所で探してそっと見ることしかできなかったのがストレスだったので嬉しい・・・!



 
やってきたのは
ヘキサゴンファミリーを引き連れた島田紳助。


東大寺の屋根直すオッサン、赤坂パーク支配人、他、賑やかしを揃えてやってきた。
まさに強敵である。
正直、敵は1人といってもいいほどの大物がやってきたのだ。

  
 


実は嵐はどんな敵も強敵なのだがそんなことは毎週見ていなければわかるまい。




   
ナマ放送ということでよってこれが現在今この瞬間のナマ嵐。


相葉の今のヘアスタイルが私、好きすぎるほどに好き。これはイイ。
ニノは舞台中の今、左に流すスタイルがナイーブ感を演出。


翔ちゃんに関しては襟足ももうちょっとスッキリさせてもいいかなと思うものの
かわいいからいいかという甘やかし感覚なのでもうわからない。



松本は東南アジアまでいった肌がやっと沖縄あたりまで戻ってきたようだ。
大ちゃんはもうこの色に見慣れたというかもう大野はこの色なんだという色素が私の心にまで沈着した。


  

さて。
ヘキサゴンチームが勝ったなら三輪車応援とコンサートチケットの確保。
負けたなら紳助がゴールデンゲストに来ることが条件の今回の対決。




第1戦ピンボールランナー
第2戦ローリングコインタワー
リードを許したまま
3戦目のクリフクライムに注目だ。


クリフクライム1回戦は
クライマーが大野松本、
指示はニノ相。


クリフクライムの良さはウエストを縛る装備で細さがわかるのと吊られてる腹のチラリ感ににある。(断言)


そんな邪念をよそに
松本大野がパーフェクトゲーム達成。
おぉ・・・・特番ぽい。
いつもこんなに出来てると全国に勘違いをもたらす展開。

  
このあまりの仕上がり具合に紳助から
「ミュージカルじゃないか」
というクレーム。




 

歌ってませんが。






あぁ・・・それでもやっぱりミュージカルとしかいえない紳助が正しい。

サーカスというには嵐に華がありすぎる。

松本が降りるアングルなんて仕組まれたモノとしか思えなかった。




   
ミュージカル2回戦は
クライマーが櫻井・相葉
指示は松本・大野。




頭の中では完璧な櫻井台本。




翔「スペシャルの力を借りれば」






無い。


翔ちゃん・・・無いよ。
それは無い。
「やっかいもの」扱いの受け止め方が疑問の大野と不安の櫻井が愛らしい。





結果。
櫻井台本は健闘したもののまさかの相葉転落でオリジナル相葉台本に。




それでいい。





最終対決は
フォーリングパイプ。
見事な相葉の活躍を経て
続くパイプチョイスはニノ。

  
まさか読まれるとは・・・・
しかし読まれてしまったニノの左アングルがたまらなく良かったので
もうヘキサゴンチームへのご褒美としておこう。



  
これによりクライマックスはやってきた。
勝利を決するキャッチ松本vsチョイス紳助。

男・松本。
やる時はやる男であった。
順手と逆手でパイプを掴み夢をつなげクライマックスは続く。
リーダー対決としてキャッチ紳助vsチョイス大野。
30点に押さえ嵐勝利が確定するも
こんな流れは当たり前に泣きの1回。

キャッチ紳助vsチョイス松本。
紳助は面白すぎる絵面のまま容赦なく2本のパイプは奈落へ。





こうして
嵐の勝利で幕を閉じた26時間ヘキサゴンとのvs嵐。




そう、
勝っちゃいました。






今日は勝ったけど
ゴールデンにいってもいつものvs嵐でいて欲しい。





勝負に強いのがスター。
勝負に弱いのがアイドルなのだ。




いつだってナマ本番対決に弱いのがアイドルなんだよ!!!
プレッシャーに弱いのがアイドル
まさに真性アイドル。




思い返せばキンキキッズだって
特番最後のバスケフリースロー対決で
これハズしたら奈良に帰るとまでの決意をして挑んだのに
光一に「相方はお前だけやで。」との呟きを聞き逃さずにもう一度言わせてまで
背中を押してもらっても
それでもハズした剛がいたこともあったさ。



  
そんなことがずっと語り草になる。
それを補って余りある魅力がそこにある。





   
いつもの天性のアイドル嵐のクォリティのままに木曜7時のゴールデンに昇格への期待は高まるばかり。

ダメ嵐がいとおしい。





そんな訳で負けていていいと思う嵐なのだが
10月にまた紳助がリベンジやってきた時はまた勝ってもらいたいんだ。


 
だって10月なんてまだツアー中じゃないか。
チケットはコネでなく申し込んでる客に回してくれ・・・・。


    
  

posted by . at 15:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。