2008年11月26日

心の居場所。

20081126073518.jpg


心はすでに東京大阪に飛ばしているが
合間を縫って有楽町にも飛ばさねばならぬ。




ぬぅぅぅ・・
いつで申し込んだらいいんだぁぁぁ・・・




.


posted by . at 10:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

勇気ということ。


鹿児島23日何があったんですか
という質問は当然至極、ごもっとも。

  
伝えるのがすごく難しいので
悩みます。

正直、説明できないからと伝えることを諦めてましたが
見てきたなりの一個人の感想としてならばと思い直しました。
あくまでも私個人の主観として受け止めていただければなと。
勇気を出してまいります。
よろしくお願いします。

  


 

というわけで記事はたたみます。

  



(23日の夜、飲んだキンキ友5人に感謝とともに以下、捧げます)

続きを読む
posted by . at 21:12| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

とりあえず今の気持ち。

11月23日鹿児島。


こんな光ちゃんが現れる可能性もあるんだ

ということにびっくりしている。


 

私がキンキキッズを好きになって初めての感覚を覚えたことは事実で。
キンキ道は初段くらい取れてるなと思ってけどまだ全然3級だった。


そんな11月24日の朝です。


光一も剛もMAもファンもスタッフも時間もシステムもすべてにおいて
もうすこしなにかがどうにかならんかったか
と首をかしげる自分が一晩経ってもいる始末。


いや、その人は違うでしょ?


と思うかもしれないけど
誰かが頑張ってあの楽しい空間作るんではなくて
みんなで作ってみんなで持って帰るんだよなと思うんですよ。

チケット代7000円。
感謝とともにそこにまったく一文たりとも不服はありません。
キンキキッズの今の精一杯の歌とダンスでそれはもう完全なモノでした。
きちんと見せていただいた。

いろんな話の流れもあったし
嬉しい言葉もいっぱい貰った。
心のこもった空間でした。
みんながキンキキッズを好きでキンキキッズもみんなが好きで。
「最高だ、みんなは!」って歌ってくれたり
「今年は剛とステージにいる事が多かった」って言ってくれたり
「うんこなんていいません!」って打破してくれようとしたし。

じゃあ、なんだよってことなんですけど。
うん。


なんだろな。


なんだろな。
チケ代7000円ってさっき言ったけど

  








     
光一の笑顔 プライスレス。












     
正直、第2弾のドームでは、この光一が現れないことを祈ります。

一歩も下がらない光一がそこにいて欲しいです。
もっと光一の声が聴きたいです。
もっともっとたくさんの人に見てもらえるなら
やっぱり光ちゃんがもっともっと笑っているのを見てもらいたいです。




なによりもなによりも




私が見たい・・・・!!!





キンキキッズがどれだけ好きかと思い知った夜でした。

うん。
それは間違いなくすべての人がそうだ。






  
あーもー
そうなんだけど
なにか心のどこかで
胸の奥の奥の方で何を言っても違う気もしてくる。
なんだこれ。
「光ちゃんどうしたの」なの?とかあるじゃん?
いや、だからえっと
ううううううううーーーーーんと
そうでなくてさ。
だからほんといろいろなんだもん。
光一も剛もMAもファンもスタッフも時間もシステムもすべてにおいてでしょ。
だからどういえばいいのかな
なんだろな。
伝わらなくてごめん。
なんだろ。
なんつーか。

うん
えーと。
ちょっと、ごめん。



  
と・・・・とりあえず
お姉ちゃん家にお土産届けたりしてきます。
昨日の兄弟もまだ見てないしさ。



 

とりあえず今の気持ち。


    

posted by . at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

第一弾ラスト。




緊急コン第一弾ラスト鹿児島!!!

私らの愛をすべてをぶつけて盛り上がっていくぞ・・・!


いってきまぁす・・・!!




.
posted by . at 14:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

墓参り。


雨なのに墓参りに来ています
線香消える・・・・
でもとりあえず傘をさして灯してみました。
線香と相合い傘をしたのは初めてでした。



さて
昨日の鹿児島MCの話。
大分からの移動中のお昼ご飯。
休憩したサービスエリア。
レストランがあって剛はうどん、レストランが満席で入れなかった光一はマネージャーに買ってきてもらった肉まんふたつをひっそりバスで食べたということでした。


・・・おまえらランチの約束はどうした?と胸ぐらつかんで詰め寄りたい。

そんな光一だったとは知らずの剛がそこで名前に惹かれて食べたと言ったいきなり団子は熊本の名産品です。
(北熊本SAじゃないかとにらんでるんですがどうでしょう?次の宮原SAは小肉まんがデフォルトでそれの2個買いは普通しないからです)

いきなり団子とは
いきなり客が来てもすぐ作って出せる団子ということでこの名がつきました。

粒あん、薩摩芋を団子皮で包んで蒸したものです。

いきなり饅頭と称して土産物屋にもありますがそれは便乗品で違います。
饅頭皮じゃなく団子皮です。

皮の薄い表面つるんとした上品なものもありますが皮がゴツゴツ不細工なものが美味いです。
いきなり作るのに綺麗な訳がないですし。



団子皮
粒あん
薩摩芋
団子皮


↑断面はこの構成が基本です。芋に餡乗っけて包み蒸す!!!ので
たまに芋の間に餡が挟んであったり皮に抹茶やきな粉や紫芋粉末やらが混ぜてあったり
なめらかなこしあんだったりの新興商品がありますが
そんなひと手間こそいらん世話だと思います。
あくまでも最低限の手間で客に蒸したてアツアツを出すいきなり魂でお願いしたい。



関東近郊の方は銀座熊本館には小ぶりなものがあるらしいです。

剛も美味かったと言ってくれましたがアンコなので光一はダメですね。

あぁ、はいはい
剛は好きそう・・・そんな素朴さ命の味わいです。


熊本にお立ち寄りの際には是非ご賞味を。


.
posted by . at 11:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。