2008年07月26日

ずっと。




今夜はちょっと地元友達にキンキトークをしてきます。
この好きなキモチが話すことで少し落ち着くかなぁ。

楽しすぎてなにから書き留めておきたいのかわかんなくなったりしてる部分もありまして。
たぶんそんな人って多いんじゃないかと前向きにとらえています。



なんでしょうねここにきて。
39イベを超えて2007年-08年の冬を越えて11年目も半分過ぎてKinKiyouコン始まって。
キンキの好きっぷりがとまらないこの感じはなんでしょう。


嵐コンに6月行きましたが
すごくすごく楽しくて楽しくて楽しくて
だからこそもっともっと楽しいとわかってるKinKiコンに早く行きたいという気持ちがつのっていたせいかもしれない。


ブタッ鼻鳴らすほど光一に爆笑する剛とか楽しくて仕方ない!と全開笑顔の光一とか
2人がキンキキッズを楽しんでいるのが感じられるコンサートがたまらなくてそこにいられてものすごい幸せ。

どんな剛もどんな光一もどんなキンキも懐かしさも新しさもどんな姿も楽しめてる自分がそこにいて
もっと好きになったというよりも加えて小さな不安も消えてく感じの気持ちよさ。
どっしりと見守る自信が更についた感じ。

好きになり方が間違ってなかったんだなと。
そんな自画自賛。



 

もしもタイムマシンに乗って
過去にキンキに一瞬でも不安を感じたり、やるせなくなったりしてた自分を見ることができたなら
優しく笑ってあげられそうですよ。


うんうん、よしよし、悩め悩め
そんな自分がいたから今日の自分はこんなにも幸せだよ
と。


そして
未来の自分に今の自分を見せたいんです。
未来の自分が思い出してる今日がこんなにも幸せで嬉しくなると思います。



 

こんなことを書いている今も10分が経って、ほら10分後の未来も10分前の過去もこんなにも幸せ。


 


ずっと好きとかよく言ったりするけど
それはそのときの本当の気持ちだから言うけど

実際、明日になったらわかんねーよ
ってのが人間だものbyみつを

でもふと振り返ったらその明日は今日になっていて今になっていて
“ずっと”はちゃんと嘘でなくなってて。






そんな本当のずっとをありがとうと思います。













・・・なんつって。←テレた。

あまりにクサいわ青いわで恥ずかしくなってきた。
飯食ってくるわ。
くそおっ。
恥ずかしいけども言う!

キーンキ♪
ずーっと大好きだぞうっ♪




.    

posted by . at 18:34| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンレポ〜セットリスト前編




半分、曲構成感想。


剛が大好きです。

ほんとどんだけ好きなんだと痛感してるんですが
読んでる貴方との温度差はないでしょうか。
そんなことが心配です。
大丈夫でしょうか。
そこを信じて最後まで読んでくれると嬉しいです。






   続きを読む
posted by . at 12:32| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドカーペット。


レッドカーペットが撮れていなかったので
姉の家で見てきました。
甥っ子達はお笑い好きで毎週録画をしているからです。
ついでに姉の家でご飯も頂いてきましたよ。

剛、どうだった?
と訊いたら
堂本剛はお尻を出す変な芸人にこだわってたという姉。

ケツ?そこ?

と私は首をかしげるばかりだったがくまだまさしだとわかったホッとした。
剛の言ってたくまだまさしと闘ったことのある友達というのはエネルギーの森くんと思われる。




余談だがくまだのケツはいいケツなのだ。
オリエンタルラジオが殴り合いの喧嘩をしていたのにこのケツに笑ってしまって喧嘩するのをやめたという逸話が残っているケツなのである。そんな話をヨシモト∞in2005年で見た。

ナイス、ケツ!
ケツは細いとか平たいだけが価値ではないのだ。
そんな2008年ケツ事情。

最後にはフォーリンラブを選んだ剛さんでしたがせっかくなのでぜひやって欲しい。
卒業式ネタはキンキキッズですぐ出来てしまうのでやってしまうといい。

横浜アリーナの出会い!
豊川稲荷のデビューみこし!
楽しかった箱根の旅!
11年目の元旦誕生日!


思い出すこといっぱいだ。
しかしそれで叫んで頬染めて抱き合って
YES!フォーリンラブ!
と、やってハケても笑いにはつながらないだろう。

バービーは丁度いいブスだったが極上のビジュアルの2人だと今田も
しゃれにならんわ・・・
とツッコムしかないかもしれない。
女役の名前がバービーだったが光ちゃんがやるならミッフィーがいいと思う。
そこで笑いはとれそうだ。

ミッフィーて・・・!!みたいな。


それはいいとして

「そういえばお笑いにうとい光ちゃんはコンサートで剛がルネッサーンスやっても知らなかったよ・・・・。」
となにげに言ったら


39歳の姉と15歳、13歳、11歳の甥っ子総勢4人が全員それぞれの手を止めて(ゲームする人2人、マンガ読む人、戻した椎茸刻む人)

「え゛え゛え゛え゛え゛ーーー?!?!?!?」


と驚かれた。


それはねーよ

と、冷酷な15歳。

・・・・。
と、無言の13歳。


僕でも知ってる。
と、自慢の11歳。







ヤバいと思って
「はわわわ・・・いや、あの、もう剛さんに教わったから!マスターしたから!!」とすぐにフォローしてみたものの遅かった。

姉は
「そんな人がなんで剛くんと話が合うんだろうね」
と不思議がっていた。


「合ってはいない。」
と否定したがいまいち伝わらなかった。

3時間半のコンサートのほぼ半分をMCが占めることや、仲良し仲良しと私が報告するのでいつもなにか思い違いをしている姉である。まぁ仕方ない。
っつーか「そんな人」言うな。


そんな人だから

イエス!フォーリンラブ!
なんだよ!
というのが一番だったのだけど甥っ子達の手前、とても言えませんでした。


これが言えたら簡単なのになぁ・・・・と
椎茸いっぱいの炊き込みご飯を飲み込むしかない私なのでした。


.

posted by . at 08:45| KinKiKids | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする