2020年02月03日

ぶんぶぶ225回〜横は縦にするのがお約束〜←本日の感想タイトル


肩が上がっちゃってて寒がりこーいちがいきなりかわいいダチョウ倶楽部ゲスト回。
ダチョウ倶楽部は5年ぶりの登場となりました。
過去映像が流れるとそこには35歳のきんききっず。
もうあれから5年も経つなんて嘘だろ・・・とテレビの前のきんきヲタが動揺するも番組は進む。


本日のテーマは「上島竜兵が『男はつらいよ』を語る!」ということで
葛飾柴又にやってきました。


こういち「寅さんて実際にいらっしゃった方?」
いつぞやの「サンフランシスコザビエルって方がいらっしゃるの?」を思い出す丁寧に尊敬語天然を発動。

こんなピュアな顔で訊かれたらもう実在したことにしてあげたい。
今からでも遅くない、実はこんなモデルがいました的なエピソードを作るには原作の山田洋次監督にいくら積んだらいいだろう(やめろ)



雨の葛飾柴又商店街を進むご一行。
寅さんゆかりの店、木屋老舗に辿り着きました。
つよしが位置の高いコートポッケに手つっこむの脇が甘くなっててかわいい。


渥美さんの席へどうぞとすすめるも畏れ多いと遠慮してしまう上島さんに
せっかくだからとお約束コント2連発かますきんききっず。
ダチョウ倶楽部というリアクション芸人をどう扱うかを常に意識しているあたりがさすがの芸歴きんききっず。
腕が鳴ります。



定番のどうぞどうぞ芸に繋げて大満足の上島さんがようやく腰かけた。
ここでつよしがおもむろにホイッスル鳴らす。




ジェロマキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!






ーーーーきてない。




わかってるけどホイッスルというと脊髄反射でこれを打ってしまうきんきヲタの哀しい性。
ジェロマはきてません。
ここでのホイッスルはあくまでも警笛の役割。


スタッフが上島さんの寅さんマニア度合いを疑ってるということでいくつかの問題に答えて
もらうことになりました。
寅さん記念館の縦山さんからの出題をつよし司会でアタックチャンス(違う)
正解すれば美味しい高木屋メニューをプレゼント。
一例としてつよしが人気メニュー草団子(170円)を味わいます。


つよし「ゆげでててん」


ひらがな喋りかわいくて泣けてくる。





ねぇ、ところでこの狭い店内でこの並び最高じゃない?!
縦山さん、つよし、こーいち、上島、肉、中村正人のこの並び!!!
ゲストはきんきでサンドイッチすることが多いのにこのツーショが叶う並び!!!
今きっと興奮で私の頭から湯気出てる・・・!!!





正答ならば人気メニューが食べられますが誤答したらビリビリマシーンにかけられる上島。
立ち上がってビリビリリアクションする芸人上島がお茶を倒しそうでふいに手を出しそうになるこういちの気遣いがさりげなく優しい。


自分がこぼす時は気づけないのに(そこがまたかわいい)






何度も上島をビリビリさせるきんき。
押す系のおもちゃ与えるとこうなることは先日のコンサートのボーダーラインスイッチで証明されてんだよな。





クイズが進むにつれ
こういち「どんな雲なんだろう」
映像には出さず観客にその雲の想像を託していることにこういちの演出家としての才が現れたり


こういち「それを言っちゃあおしめ変えよう」
寅さんの名セリフを使って介護の時に使ってみたい日本語。
高齢化社会にも役立つきんききっず語録。



つよしが司会クイズにこういちも参加することできんきもダチョウもそれぞれに個性が出せる展開。


とある問題で正解したこういちへの賞品におでんがやってきました。
おでんといえばダチョウ倶楽部。という暗黙の上に
あつあつおでんを上島の口唇にくっつけてお約束のおでん芸を披露させるこういち。


こうしてスタッフも演者も視聴者も全員が満足したところで安心しておでんをもきゅもきゅと食べ続けるこういち。
かわいい。出汁もすする。かわいい。
上島にくっつけたはんぺんは食べないこういち。かわいい。




正直ゲストがダチョウということで喧嘩キス芸におびえていた私なのですが(やっぱあんまり見たくない)
ついにそのくだりがやってきました。
つよしに無駄につっかかる上島。
はいはいでたでた・・・そりゃやるよねって薄目開けて見守ったその時でした。



つよしがこういちの肩に手をかけ立ち上がった。



つよし「こういちごめんな」




待て。

瞬間、私は薄目を極限まで見開いた。
なにいまの。


こういちごめんな・・・めんな・・・んな・・・



脳内エコーが響く。
いやわかってるわかってるんだおでん食べてるとこに前に出るぞ的な気遣いだってことはわかってんだけどさ
なんかほらだってなんか


イマカラキススルケドゴメンナッテイッテルミタイニキコエルジャナイ?




っていうかさーー←逆説とみせかけて話をごまかそうとしている接続詞の役割


この男モテる・・・!!
ってあらためて思うよねこういうの!!
さりげないボディタッチとこのキュン死確実な思わせぶりに
今国民の彼氏と名高い佐藤健を超えられるのはこの男しかいないと思うのに
残念ながらこのモテ男前っぷりがここでしか発動されない!!
惜しい!!嬉しい!!!ありがとう!!!



ごめんなを投げかけられて受け止めるこういちの返しが



こういち「だいじょぶだいじょぶ」



おでんもきゅもきゅ食べてるところだったからこの大丈夫も舌ったらずでちゃん言えてないんだけどさーーーー
なんかほらだってなんか


ソノキスハシゴトダカラダイジョウブワカッテルッテイッテルミタイニキコエルジャナイ?




それでさーーーー←話をごまかそうとしている接続詞



キス芸につながりそうなところでおずおずと上島とつよしの間にはんぺんを差し出すこういちがさーーー
ほんとにおずおずおずおずと!!!
差し出すのよ箸に挟んだはんぺんを!!!
スッと出されるよりも健気さ爆発してんだよそのおずおずした感じ!!!



気付いて上島気づいてええええええこのけなげなこーちゃんにのっかってぇえええええええええええええ




って心の限りに叫ぶ私に上島は答えてくれた
はんぺんにキスしてもう全然熱くないだろうにおでんに熱がる上島。


ここでリアクション芸人の正解を導き出した



ダチョウ倶楽部こそ真のリアクション芸人認定。





ありがとう・・・・・ありがとう・・・・
滝のように頬を濡らす感動の涙を私はとめることができなかった。
神がかったこの流れ。
湯気どころか頭沸騰して干からびました。



この葛飾柴又ロケも雨でしたが
きんきが雨男なのってヲタがこうしてちょいちょい干からびる為になるべくしてなったのかもしれない
そう感じた週末でした。









posted by . at 01:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

光の気配をなんと呼ぶのかを考える。

【2019年版私のシングルタイトル略履歴】

硝子
愛愛
ジェロマ
全抱き/青の時代(そのまま)
はぴぐり
シンクリ
やめPU
フラワー(そのまま)
雨メロ/to Heart(たまに東鳩)
好きになってく愛してく(何故かこんなに長いのに略さない)/やる気まんまん(さすがにやるまんソングとは言いづらい←)
夏王/もう君
ぼく羽根
情熱(そのまま)
Hey
カナブル(意外とカナシミブルーそのままで呼ぶことも多い)
solitude(そりとか言いそうなのに意外とそのまま)
ぶらっず(なぜか永ブラと呼ばない派)
心に夢を君には愛を(どう略したらいいのかわからないまま今日まで生きた。文字数事情で心夢君愛としたことはある)/ギラ☆ギラ(そのまま)
薄荷
ね、がんばるよ(そのまま)
アニバ
ビロ闇
すのすの(字にする時はSNOW×3)
ハモデ
BRAND NEW SONG(そういえば略したことないのでは)
永遠に(そのまま)
シクレ
約束(そのまま)
スワン
Family(そのまま)
Time(そのまま)
変わったかたちの石(字にする時は変石)
まだ涙にならない悲しみが(そういえば略したことないのでは)/恋散り(って言ったことあると思う)


薔薇太
手ずから(むしろこっちが道と呼ぶはずなのに)
れっらい(字にする時はRed Light)
突発
会いたい会いたい会えない(文字数事情によっては会会会)



−――そして。
ここにきて発売の「光の気配」である。

このように略したり上の句のみを呼んだり(俳句じゃねぇ)ワンフレーズを抜き取ったりして呼んできた私ではありますが
光の気配は「気配」と呼ぶのではないかという予感に満ち満ちている。
聴いてもいないのに。

もしくはちゃんと「光の気配」(全文)
聴いてもいないのに。


いや・・・だって・・・
なんかさー

カジュアルに「光」って呼ぶかどうか考えてみ?って自問しただけで瞬間、胸に迫りくるおこがましさというか自制心というか


この一文字が背負ってる圧の強い尊さみたいなものが!!!!
なんかしらんがそこにあるんだよ存在するんだよ
ひらがなでもカタカナでもなくこの漢字のこの漢字の!!
ごめん、今の私には圧倒的にある!!!
あるね!!!!



んじゃまぁ「光」って呼んだとしよう。するよ。


それを想像しただけでさ
例えばなにげなく立ち寄ったファミマで流れてたとするよ


「あ、光だ」
とか呟くわけですよ。イントロ2秒で。んで、

光とか言っちゃった(赤面)

って
恥ずかしがってる自分こそ恥ずかしい的な気持ち悪さと差し出がましさみたいなのものに襲われそうだろうがとっととファミチキ買って出ろよって欲しくもないファミチキ買っちゃうの目に見えてるんですよ。


もしも「剛腕の気配」ってシングルが出ても私はきっと「気配」って呼ぶと思うんです。もしくは「腕」


その一文字目に嬉しくなってふいに口にしたり漢字を思うだけで同じ赤面現象に見舞われるのわかってんですよ。
光のようにその名前とは読み方違おうともその漢字だけで見るだけで脳に浮かぶだけで絶対キュンキュンするから。



わかってる。わかってるんだ。
阿呆だなこいつなにいってんのこいつって。自分で。
でももうここまでくると
こじらせるとこうなるという症例をお知らせしたいなと思って。
黒髪猫目Dカップの綺麗めの薬剤師さんにお薬出しときますねって伏せ目がちに手にお薬握らせて欲しい。
って願望がね
ここ最近の私を支配してるんですよ。



でもね、そんなこと言いながら曲聴いたらきんきの放つルクスの強さに
「光いいいいいいいいいいいい」って呼ぶ自分もちょっと想像できるんですけどね。
眼つぶれるくらいのまばゆい光にそう呼ばずにいられないんじゃないかってね。
今の光度何ルーメン?!照度何ルクス?!効率何ワット?って
気配とは?!って泣き叫びながらもまとめて「つよいひかりさーーーーーー!!!」って違う歌詞を答えながら
暗い夜のとばりの中へ走り出すんですよお別れショートポエムを背に浴びながら。(どヤ最後まで聴けよ)




でもきっと世間では光って呼ばれるんじゃないかなって思います。


なので発売日までトレーニングしようと決意しました。自主練ですよ自主練。
爆笑問題の田中あたりを眺めるところからはじめようかなって(相方が光)
尊ぶのが前に出すぎる癖をどうにか抑制してそう呼ぶことが楽しい的なところまで持っていければいいなって。
もっとシンプルに生きられたらいいなって。
からあげ串といももちくださいって言えたらいいなって。(ファミマから離れろ)




posted by . at 02:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする